マネジメント > モチベーションアップ

朝、1人1人に名前を呼んで、挨拶しよう

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、3回シリーズの幹部スタッフ育成塾は第2回まで終了しています。
このセミナーでは、幹部としてリーダーシップを発揮するために、様々な
宿題に取組んでもらっています。

その宿題を通して、参加者が本当に成長し、自分、スタッフ、院長、医院に
対してプラスの影響を発揮するようになってきています。

それこそがリーダーシップなのです。
リーダーシップというと、非常に難しいのですが、実は簡単なことの積み重ね
なのです。

その積み重ねがない状態でいくら上から押し付けるような形無理やりやらせた
としても、結局、それは長続きしないのです。

「えっ、じゃあ、どうすればいいの?」
と思うと思います。

そこで、今回は幹部スタッフ育成塾で出される数ある宿題の中の1つをご紹介
します。これは幹部スタッフだけでなく、リーダーは誰でも、実践することで
効果を出すことができます。

どんなことかというと・・・
「毎朝、スタッフ1人1人のところに行き、名前を呼んで挨拶する」という
ものです。

「なんだ、そんなことか?」と思うかもしれません。
そう思ったあなた。では、これをやってますか?

ほとんどの院長はこれができてません。
全員、まとめて「おはようー」と言って、院長室に直行するのが大半の院長
です。

これは挨拶とは言いません。挨拶はとても大切です。
この挨拶1つでスタッフのモチベーションは大きく変わるのです。

であれば、モチベーションを下げる挨拶ではなく、あげる挨拶をしてみては
どうでしょうか。これにはお金も時間も労力もかからないのです。

でも、ほとんどの人はやろうとしないのです。
なぜか、それをやれば、すぐに効果が出るわけでもないですし、スタッフの
重要性が本当のところ、理解できてないからではないでしょうか。

やってみれば分かります。やりなれてない人には難しいです。
ポイントを解説していきます。

Point1.1人1人に挨拶する

まとめて挨拶するのではダメです。
スタッフは全員、別々の人間です。1人1人に挨拶しましょう。

それが「あなたを見てますよ」「あなたを大切に考えてますよ」という
メッセージとして相手に伝わるのです。

恐らく、女性スタッフは朝の掃除や準備などをしてるはずなので、1人1人の
ところに行って、挨拶するようにしてください。

Point2.笑顔で

院長の朝の機嫌や状態をスタッフは驚くほど、よく見ています。
その状態1つでスタッフのモチベーションも大きく左右されます。

人間ですから、毎日、ご機嫌なはずがありません。
しかし、自分が不機嫌なせいでスタッフのモチベーションを下げるのはあまり
に損失が大きすぎます。

どんなに機嫌が悪くても、頑張って笑顔でスタッフに挨拶するようにしてくだ
さい。あなたは院長であり、経営者なのです。

医院に一歩、足を踏み入れたら、経営者としての役割を演じなければいけない
のです。

いくら嫌なことがあったからといって、それを医院に持ち込むのは彼氏とケン
カしたからといって、モチベーションが下がってるスタッフと変わりありませ
ん。

そんな状態では、スタッフにいくら「患者さんには笑顔で接しろ」とか
「プライベートを仕事に持ち込むな」と言っても無駄ですし、言えば言うほど
あなたの信頼が損なわれ、リーダーシップが低下するのです。

Point3.名前を呼んで挨拶する

これは簡単です。
「おはよう!」ではなく、「●●さん、おはよう!」と挨拶するのです。

その際、もちろん、あなたは笑顔です。
そして、忘れてはいけないのがアイコンタクトです。

必ず、相手の目を見て挨拶するようにしてください。
というよりも、それは挨拶の基本ですよね。

でも、やってみてください。意外に名前を呼んで、挨拶するのは難しいです。
名前を呼ぶことで、更に相手に「あなたのことを大切に考えてますよ」という
メッセージを発信していくのです。

Point4.一言、プラスメッセージを発信する

これを全員にできるようになったら、あなたのリーダーシップは相当、上がり
ます。目標は全員にです。難しいのであれば、最低、1日1人にプラスメッセ
ージを発信してみてください。

挨拶のときに言ってほしいプラスメッセージとは・・・

・成長したところ、できるようになったこと
・頑張ってること
・前日の診療などで感謝すべきこと、良かったこと
・本人の髪型、服装、表情などの変化
(体調が悪そう、元気がない、表情が優れないなど)

という感じです。

このように日々、スタッフの変化、頑張りを見逃さずに、伝えていくことで
「私のことを見てくれてるんだ」「私は必要とされてるんだ」となり、
それが積み重なることで、

「この人の言うことなら聞いてみよう」
「この人のためなら頑張ってみよう」

となるのです。

これを本当に毎日、実践するだけでも確実に大きな成果があるので、是非、
やってみてください!そして、実際に、これをやっている幹部スタッフ育
成塾の参加メンバーは大きく成長しています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事