マネジメント > モチベーションアップ

スタッフの良いところノートをつける

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もし、あなたがスタッフを怒ってしまうことがあるとしたら、この方法を
試してみてください。

もし、あなたがスタッフにイライラしてしまい、感情的になってしまう
ことがあるとしたら、この方法を試してみてください。

2年前、ある先生が経営塾に参加されました。
当時、院長先生はスタッフの意見に耳を貸すことはなく、いつもスタッフ
のミスにイライラしていたそうです。

院長とスタッフの間には日本海よりも深くて長い溝がありました。
それを現すかのように、当時、撮った集合写真には院長先生とスタッフの
間に、1人分以上の隙間が空いていたのです。

当初は経営塾に参加することで医業収入が上がるための方法が分かれば
良いかなと思っていた院長先生も気付いたのです。

「そういう目先の方法では医院は変わらない。
院長である自分自身が変わらないと医院は変わらないんだ。
スタッフを無理やり、変えさせようとしても、何も変わらない」

この気づきが院長先生を変えました。
それまでは、スタッフのダメなところ、できてないところばかりに
目が行っていたのです。

もちろん、できてないことを改善すること、できるようにすることも
非常に重要です。

しかし、そればかり気にしていると、マイナスのストロークばかりに
なってしまい、スタッフとしては自分自身の存在価値を否定されてる
ように感じてしまいます。

では、どうすればいいかというとスタッフが頑張っていること、
できていることにもしっかりと目を向けて、頑張ってることに感謝し、
できてることを認め、感謝することが重要なのです。

ただ、そうはいっても、これがなかなか、難しいのです。
なぜなら、それまで、できてないことばかりに目を向けてきている
ので、できてること、頑張ってることが見つからないのです。

ですので、このような話をすると、怒ってしまう院長ほど、
「何を褒めればいいのか?」
「そんなところはない」
となってしまうのです。

そして、マイナスのことばかりに目を向けているものですから、
院長先生自身の考え方もマイナス発想になってしまうのです。

この院長先生のマイナス発想を治していくことがスタッフとの
関係だけでなく、家族関係、経営的にも、実はすべての面に
おいて重要になるのです。

では、どうすれば、そのような考え方の転換を行うことができる
のでしょうか。それは、ある意味、簡単ですが、難しい方法です。

それは・・・
スタッフの良いところ、できてること、頑張ってること、できる
ようになったことをノートに毎日、1つ以上、書いていくのです。

難しければ、最初は1日1人からで良いです。
できるようになったら、毎日1人につき1個以上、書くのです。

始めは辛いと思います。
しかし、これを続けて行くことで、確実に大きな変化が院長、
スタッフ、医院に現れてきます。

私がこれまで数多くの医院を見てきた中で、明らかな事実は
院長が1回、感情的に怒るとそれは1回100万円以上の損失
となって、後々、現れてくるのです。

それだけ多くの物をあなたから奪っていく「怒り」を自分で
コントロールできるようになるとしたら、どうですか?

そのために、1日5-10分、スタッフの良いところをノートに
書くということをやってみてはどうでしょうか?

お金も、時間も、労力もかからずにできるのです。

しかし、あなたの「怒り」を放置すれば、スタッフが辞め、
求人広告費を出し、面接・新人教育という時間と労力がかかり、
新人スタッフがミスするというイライラがあり、また、それが
あなたの怒りへとつながっていくのです。

もう、こんな負の連鎖から抜け出しませんか?
そのために、「スタッフの良いところを1日1個、ノートに書く」
という簡単な方法を実践してみてはどうでしょうか?

最後に、先ほどの院長はこれを続けることでどうなったかを
お伝えします。

医院の雰囲気は劇的に改善し、今、医院も上昇しています。
スタッフとの溝も埋まり、今ではスタッフと素晴らしい笑顔の
集合写真を撮れるまでになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事