マネジメント > モチベーションアップ

スタッフの辞め際に、どのような対処をするか?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、あるクライアントの先生から私に電話が入りました。

その内容とは・・・

「Aさんが辞める前に有給を全部、消化して辞めたいと
言って来てるんだけど、どうしたらいいですか?」

というのです。

そのAさんはそれまで、とても医院に貢献してきてくれて、
本当によく頑張ってくれていたスタッフでした。

ですので、院長とも以前から、
「Aさんが辞める際には、これだけの退職金を出しましょう」
と話をしていました。

一応、法律的に考えれば
・辞める際に有給を全部消化して辞める
・辞める際に有給を買い取る
ということは問題のないことです。

しかし、私の中では、
辞める際に、有給を全部消化して辞めるというのは
とても悪い辞め方だと思っています。

確かに、その権利はありますが、与えられている権利は全部、
使い切らなければ損だという考えは長期的に見れば自分に大きな
マイナスをもたらすのだと思います。

というようなことは電話ですので、そのAさんに言うことは
できません。

院長に対処してもらうしかありません。

このようなことは最終的には、院長とスタッフとの信頼関係なのです。

そして、信頼関係がしっかりと取れていれば、
スタッフから
「残った有給を消化したい」とか
「残った有給を買い取ってくれ」というような要求は出てこないのです。

ですから、先ず、私が院長先生に次のようなことをお伝えしました。

「今回のようなことがAさんから出たということはAさんと院長との
信頼関係がしっかりと取れていなかったということであり、
それを深く反省しないといけません。

今回の件から、そのようなことを学ばなければ、また、同じようなことが
起きて、これからも繰り返されますよ。

Aさんを責めるのではなく、Aさんとの信頼関係をきちんと構築できなかった
自分を改めなければいけないと今回の件を解釈し、そのような意味づけを
きちんとしてください」

院長は私からのアドバイスを何とか受け入れてくれました。

そして、次のようなアドバイスをしました。

「Aさんには次のように伝えてください。

Aさんが頑張ってきてくれたことには凄く感謝しているし、
これからAさんが身に着けてきたことを残るスタッフに伝えていってほしい、

まだ、残るスタッフはAさんのスキルがマスターし切れていないし、医院も
Aさんがいない状況ではかなり厳しいので、有給を消化する件はこれだけの
退職金を考えているので、これで納得してほしい

ということを気持ちを込めて、Aさんに伝えてください。
その気持ちを込めるためには、先程、申し上げた今回の件についての
意味づけをしっかりすることが重要ですからね。

Aさんを責めるのではなく、そのような信頼関係を構築できなかった自分を
責める気持ちを忘れないで下さいね」

院長から、後日、メールが入りました。

「今回の件、無事、納得してもらいました」

スタッフの辞め際はとても大切です。
そのスタッフとの関係においても大切ですが、それだけに留まりません。

他のスタッフも見ています。
ヒドイ辞め方をすれば、
「自分もそのようにされるのか?」
とスタッフは思い、そこで一気に院長への不信感につながります。

それが原因で他のスタッフが辞めるということにつながるケースは
多々あるのです。

もし、今回、院長がAさんが辞める際に、まずい対応をしていたら、
恐らく、他のスタッフも辞めてしまっていたでしょうし、スタッフが辞める
ことで、医業収入も間違いなく、減少したと思います。

院長は今回、Aさんが辞める際に、上手く対処したことで少なくとも、
100万円以上の損をすることを避けることができたと思われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事