マネジメント > モチベーションアップ

今の日本人になぜ、生命力がないのか?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今の日本人に生命力がないと思う人は多いと思います。
では、なぜ、こんな状況になってしまったのでしょうか?

私は豊かになったからだと思います。

それは先人が自分たちのような苦労をしないようにと願い、頑張ってきて
くれたからこその成果ではあるのですが、逆に、それが日本人から生命力を
奪ってしまったのではないかと思うのです。

それは動物園の動物に似ています。
動物園の動物は餌をもらうことになれてしまっているために、野生に変えり、
自分で餌をとる、繁殖することさえ、難しいといわれています。

それは何故でしょうか?

私はよく自然動物の生態を追ったドキュメンタリーが好きで見るのですが、
彼らは餌を捕るため、そして、繁殖するために自分たちの生命を燃やします。

そして、それこそが野性の力であり、彼らの生命力の源なのだと思います。

しかし、動物園の動物は餌を捕るために考えをめぐらしたり、狩をしたり、
何かをする必要が全くないのです。

だからこそ、自然動物のドキュメンタリーで見るような動物の美しさを動物園
で見ることは不可能なのです。そして、動物園の檻の中に入れられた動物の中
には常同行動といってストレスによって異常行動を起こす動物もいます。

この動物園の動物と同じように、自分自身が何もしなくても、家庭によって、
国によって食料が確保される、自動的に食事が出てくる、お金が支払われる
ような体制を作ってしまったからこそ、日本人からは生命力が奪われ、常同
行動のような異常行動をする人間が増えているのだと思います。

今の日本では放っておけば、国が個人の生命力を奪うようなことばかりを
してきます。定額給付金、子供手当て、高速道路の無料化、失業保険、生活
保護。

様々な方法で生命力を奪って行ってるのです。
もちろん、意図的ではありません。

国に頼らず、自らを自立させるように意識していかないと、あまりにも周り
が国に頼るのが当たり前になっているので、自分もそのようになってしまい
ます。

それが最終的には、自分のためにならないと思い、国に頼らない、自立した
生き方をすることを是非、目指してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事