マネジメント > 成功哲学・成功法則

ハマり過ぎに注意!

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

例えば、株にはまっていて、診療中も株の取引画面を見ていて、診療が手に
つかない。

ゴルフにはまっていて、診療のことよりも、ゴルフのことばかり考えている。

これはあくまで、例えですが、本メルマガ読者には少ないですが、世の中には
こういう経営者や院長って、たくさん、いますよね?

でも、これって、客観的に見れば、ハマり過ぎで非常に良くないですよね?
何で、良くないんでしょう?

こういう状態では診療のクオリティも下がるでしょうし、スタッフもそんな
院長についていけなくなるのではないでしょうか?

実際、そういう問題が起きます。

しかし、これは何も株、ゴルフだけに限った話ではありません。
歯科医院経営に役立ちそうなことでも、ハマり過ぎには要注意なのです。

例えば、自己啓発セミナー。
学ぶのは良いんです。

でも、ハマり過ぎには要注意です。
歯科医院経営にも役立つ部分があるので、要注意なのです。

次第に、治療、経営、マネジメントへの意識、取組が減って行き、スタッフか
ら見れば、

「最近、院長は自己啓発ばっかりで患者さんのことを考えてない」
「医院のことを考えてない」
「もっと、やるべきことがあるのに、やってない」
「自己啓発セミナーで勉強した良いことを言ってるのに、自分は全然、やる
べきことをやってない!それなのに、スタッフばかりに求める!」

と言われることになります。
何事もバランスを欠いては意味がありません。

院長の主たる業務は治療、マネジメント、マーケティングです。
これが疎かになるほど、何かにハマるのは自分の医院を破壊する行為です。

上手くいってる院長ほど、その傾向にありますので、年間医業収入1億円以上
の院長先生は是非、気をつけてください。

車の運転と一緒です。慣れてきたと思って、油断したときが一番、危険なの
です。歯科医院経営も、年間医業収入1億円に到達して、油断した時が一番、
何かにハマりやすく、危険なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事