マネジメント > 成功哲学・成功法則

幸せなら、何でも良いのか?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホばかり触っていても、どうしようもないということをバスケ友達に少し
話したところ、こんなことを言われてしまいました。

友達「別に、本人がゲームやってても、それで幸せなら、良いんじゃないか?」

私「でも、ゲームやってても、何の意味もないじゃん。
だったら、本読んだり、仕事のスキルアップしたほうが良いよね?」

友達「金儲けだけがすべてじゃないしね」

確かに、そういう考えがあるのも分かります。
いや、というよりも、こういう考えが大勢だからこそ、多くの人が電車の中で
スマホにかじりついているのです。

確かに、幸せをどう感じるかは人それぞれです。
しかし、調査によって明らかになってることがあります。

それは人は「強固な人間関係によって幸福感を感じる」ということです。

スマホでいくらゲームやっても、人間関係を強化することとは何の関係も
ないのです。

LINEだって、フェイスブックだって、連絡として使うのは良いかも
しれません。しかし、それよりも実際に友達に電話したり、会ったりした
ほうが100倍、人間関係が強化されます。

そんな非効率的な、無駄なことをやっても幸せにはなれないというのは
研究によって明らかになっているのです。

そして、人生の大半は仕事をしています。
その仕事にやりがいがない、つまらなかったら、つまらない人生です。

なかなか、日々の仕事を一生懸命やっているだけでは抜きん出ることは
できません。だって、他の人も仕事時間中は一生懸命、やってますから。

それに、自分自身の考え方が高まらなければ、いつまでも目の前の課題を
超えていくことはできないかもしれません。

そのような根本的な問題解決、自分自身の成長に対して、どうしてもっと
真剣にならないのか不思議でなりません。

スマホをいじる前に、考えないといけないことが山ほどあり、そこから逃げ
てるようにしか見えません。

一番大切なのは目先のゲームや、LINE、フェイスブックでないことは
誰が考えても分かるはずです。

自分自身が成長することが一番大切なのではないでしょうか?
それが自分を一番、大切にすることだと私は思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事