マネジメント > 成功哲学・成功法則

院長の仕事を勘違いしてはいけない

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある医院にお伺いした際、院長がスタッフに言ってることを聞いていました。

診療中、ミーティング中、診療後、その院長が言っていてのはどんなことだと
思いますか?もしかしたら、あなたもそうかもしれません。

いえ、きっとほとんどの院長はそうなんだと思います。

皆さんがその医院に行って、院長先生がスタッフに言ってることを1日、
聞いていても、もしかしたら違和感を感じないかもしれません。

しかし、私には凄い違和感がありました。

それは・・・

院長先生がスタッフに言ってることのほぼ全てが
「スタッフのできてないこと」
だったのです。

つまり、診療中も、ミーティング中も、診療後も、恐らく診療前も、
朝から晩までスタッフは院長からの「できてないこと」に1日中、
さらされているのです。

これは疲れますよ。
横で聞いていた私でさえも疲れちゃいましたから。

でも、これをやっている院長はとても多いと思います。

そして、この「できてないことを言ってやらせること」こそが院長の仕事
だと思ってる人が多いのではないでしょうか。

これをやると、目先、その場は動くんです。
でも、長続きしません。

スタッフのモチベーションは次第に下がり、いずれはマイナスへと転じるか
退職という形になるのです。

院長の仕事は「できてないことを言ってやらせること」ではなく、
マネジメントをすることです。

マネジメントとはいつも、このメルマガでも言ってますが、
簡単にいえば「スタッフのモチベーションを上げること」です。

この「スタッフのモチベーションを上げること」こそ院長がするべき仕事
なのです。

しかし、「できてないことを言ってやらせること」こそが院長の仕事だと
勘違いしている人があまりに多すぎるのです。

あなたはそんな間違いを犯してませんか?

今日から「スタッフのモチベーションを上げること」こそ院長がするべき仕事
だと思って、日々の仕事をしてみて下さい。

必ず、医院が変わ
ります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事