マネジメント > 成功哲学・成功法則

自分なりに問題解決しない

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、せっかく調子が上がってきたバスケ中に私、怪我をしてしまいました。
私の足の小指付近に、相手の足が激しく当ったのです。

当然、足は腫れ上がっていました。
しかし、私は「打撲だから一週間もすれば治るだろう」と問題を軽く考えて
しまったのです。

しかし、一週間経っても、全く痛みが引きません。
また、痛みが引かないまま、またバスケをしたら痛くて止めようかと思った
ぐらいでした。

そこで、私も調べました。すると、剥離骨折なのではないかと仮説を立て、
剥離骨折であれば固定するほうが良いからと足をバンドのようなもので縛って
ました。それと炎症を抑えるために湿布を貼ってました。

それでも全く痛みが引かないので、整形外科に行ったところ、幸い、剥離骨折
はしてなかったものの、「足を冷やしてください」との指示。

足を縛ったりするのは逆効果。
湿布は冷やす効果がないのでほとんど無意味と言われました。

先ず、問題を軽く考えていたこと。
自分なりに判断し、自分なりに対処を行ったことは全く意味をなさず、逆効果
だったのです。

しかも、その1週間後ぐらいに、プロバスケットプレーヤーと練習する機会
があったのに、結局、それもキャンセルしてしまうことになったのです。

ここから、どんなことが学べるでしょうか?

医院でも、今回の私のように問題や痛みというのが発生してきます。
その時に、自分で判断し、問題に対処しようとすると、かえって間違った判断
で、逆効果な対処をしてしまうことがよくあるのです。

できれば、自分だけで判断するのではなく、客観的な立場の人にも相談し、
意見を聞いたり、専門家の判断を仰ぐといったことが非常に重要なのです。

しかも、できるだけ早い段階で。
時期が遅くなると、私のようにせっかくの大きなチャンスを逃すことになり
かねないのです。

もちろん、自分で色々と調べて、仮設を立て、それを検証することは大切です。
しかし、問題や痛みが大きいのであれば、できるだけ早い段階で自分の考えを
捨てて、第三者か専門家に相談することをオススメします。

成果が出ない人でよくいます。
「自分でやってみます」「自分では、どうしようもなくなってから相談します」
では遅いのです。

そして、成果が出る人ほど、人の意見に耳を傾けられる人です。
成果が出ない人ほど、人の意見を聞かず、自分の考えに固執するのです。

そういう人はスタッフの力も借りられないのです。
スタッフを信頼し、任せることも出来ないので、誰も「院長のために頑張ろう」
とは思ってくれなくなってしまうのです。

あなたは自分だけで頑張りますか?
それとも、皆と力をあわせて頑張りますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事