マネジメント > 成功哲学・成功法則

結婚前、開業前の言葉には気をつけよう

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦成功セミナーをしていると、多くの夫婦から相談を受けます。
その時に、とても多いのが結婚前、開業前の言葉なのです。

「あの時、こんな風に言った」
「こんなだとは思ってなかった」

これが二人の間に根深く残り、未だに禍根となって残っているのです。
ですから、これから結婚する方、これから開業する先生は是非、この
言葉に気をつけてください。

特に、結婚前は・・・

「俺は開業するつもりはない」

開業前は・・・

「君に迷惑はかけない、苦労はさせないから」

このように言っておきながら、実際には開業し、後で大変だから手伝ってほし
いと言うと、かなり高い確率で恨まれます。

「開業しないって言ってたのに開業した」
「迷惑かけないって言ってたのに、結局、手伝わないといけない」

となり、最終的にはこう言われることになります。

「私たち(私と子供)はあなたの犠牲になっている」

このように言われたくなかったら、結婚前に「開業するつもりはない」とは
絶対に言わないことです。

今はするつもりはなくても、将来的には開業する可能性の方が高いのですから。

開業前にも、「迷惑はかけない」とは言わないことです。
開業するとは、経営者になることです。

経営者になって、妻に迷惑がかからない方が珍しいです。
借金したりすれば、その時点で迷惑と捉える妻だっているのです。

ここで重要なのは、結婚前からお互いに考えが甘いということです。
自分に対しても、妻に対しても、経営者としての自覚、教育が足りないのです。

このような状態で開業しても、患者様も集まらないし、スタッフとも上手く
行かないし、妻とも上手く行かないのは当たり前です。

それは開業前、いや、結婚前から考えが甘いからなのです。
これから結婚する、開業される方は是非、シビアに現実を見つめ、しっかりと
準備して、自分の人生を切り拓いていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事