マネジメント > 成功哲学・成功法則

北島選手の結果は3年前に決まっていた!?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、北島選手の結果を私が予想していたことをお伝えしました。
実は、私は2009年5月の段階で、こうなることを予想し、ホームページ
に掲載していたのです。

これがその証拠です。
⇒ http://www.consuldent.jp/consulting/teiki-shien.html

このページは2009年5月に作成されたものです。
正にここに書かれてることが実現してしまったのです。

私はこのような予測を立てる、つまり、仮説を立てることは非常に重要だと
考えています。それは私が経営コンサルタントという仕事をしていることも
ありますが、経営者にとっても重要なことだと思います。

なぜなら、それは未来を見通すことになるからです。
そして、未来を見通すためには何が必要でしょうか?

自分のことであれ、他人のことであれ、目の前に起きてる結果について、
「どうして、こういう結果になったんだろう?」という疑問を持ち、仮説を
立て、それを情報収集して検証し、精度を高めていくことだと思うのです。

その積み重ねが、未来を見通す力につながってくると思うのです。
私の恩師の先生はこう言っていました。

「現象を見て、本質を見る」

いくらどんなに現象を見ても、表面的なことしか分かりません。
そんなものをいくら眺めてみても、一時の気休めにしかなりません。

そこから本質を見抜いたとき、それは大きな財産となって、あなたに蓄積
されていくのです。

いきなりはできませんが、是非、少しずつ本質を見抜くトレーニングをして
みてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事