マネジメント > 成功哲学・成功法則

何十万人もの雇用が失われる!?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで何回もお伝えしてきたことですが、

これから日本で何十万人もの雇用が失われることはほぼ間違いないと
私は見ています。

そして、それはすぐそこまで来ているのです。

なぜでしょうか?
それは今回の震災とも大きく影響しています。

1.震災の影響で電力供給が安定しなくなり、そのシワ寄せを「25%削減」
という形でほぼ全て企業に負担させようとする政府にほとほと嫌気が
さしてしまったのではないでしょうか。

私が最もびっくりしたのが「浜岡原発」の緊急停止です。
確かに、地震のリスクはあったのかもしれません。

しかし、電力供給の目処が全く立っていない状況でいきなり、停止すれ
ば、企業が大ダメージを受けることは火を見るよりも明らかです。

しかし、それよりも大衆受けする政策を優先し、自分の支持率を上げよ
うとする政府に企業としてはほとほと嫌気が差したのではないでしょう
か。

私から見ていても、何でもかんでも、負担は個人ではなく、企業に負わ
せるという姿勢は非常に違和感を感じざるを得ません。

2.諸外国に比べて、明らかに高い法人税引き下げが実現しないばかりか、
今回の震災の影響でなんと、引き上げることを検討しているのです。

確かに、復興費は必要です。しかし、法人税引き下げも国際競争から
考えれば、明らかに必要なことです。

しかし、そんなことは置いておいて、企業にばかり負担を強いる姿勢に
各企業はほんとうに嫌気が指しているのではないでしょうか。

3.労働規制があまりにも厳しすぎて、企業として身動きが取れない

日本の労働規制は年々、厳しくなりすぎて、各企業が景気や業績に
合わせた形で柔軟に対応することがほぼ不可能です。

社員を雇ってしまえば、犯罪でも犯さない限り、解雇にすることが
ほぼ不可能です。

4.労働者の労働意欲、質の低下が著しい

歯科医院にもゆとり世代が入ってきていますが、かなり労働意欲、
能力の低下を感じます。

ここまで労働意欲、能力が低下するとこれまでの業務を維持する
ことが本当に難しくなってくると思われます。

上記の状況から、これまで何とか、日本の会社だから、日本に雇用を
生み出そうと頑張ってきた大手各社が工場を日本から移転せざるを得
ないと公式に発表しています。

既に以前から工場を海外に移転させてきた日産は絶好調です。
何とか、日本で頑張ってきたトヨタは日本が何にもしてくれないこと
に絶望してしまったように思います。

ここまで世界がグローバル化してくるとサービス業以外は日本でなければ
ならない理由はどこにもないのです。

むしろ、企業からすれば、日本にいること自体がデメリットなのです。
日本としてはデメリットではなく、多くのメリットを企業に提供しないと
どんどん企業から見捨てられ、大変なことがすぐ目の前に来ているのです。

このような状況を歯科医院で働く女性スタッフは理解していないことが
多いです。このようなことも伝える必要が私はあると思います。

それが社会の動き、世界の動きを知ることになるからです。

そして、もし、旦那さんや恋人が工場で働いている場合には、これから
雇用が失われてしまう可能性も高いことを伝えておくことも大事なの
ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事