マネジメント > 成功哲学・成功法則

無知はコスト!

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私、この度、コンタクトに変えてみました。
びっくり!

世の中って、こんなに明るい世界だったんですね!
TVって、こんなにキレイだったんですね!
使い捨てコンタクトってこんなにお金がかかるんですね!

驚きの連続です。
こんなだったら、もっと早くからしておけば良かった!
そう思いました。しかし、私には勝手な思い込みがあったのです。

それは社会人になった当初、まだ使い捨てコンタクトが普及してなかった
時代です。私は煮沸をしないといけないコンタクトを使っていて、その
手入れが大変だったのです。

そして、私の眼には乱視も入ってるし、その当時は使い捨てにできないと
言われたのかな?とにかく、煮沸をしないタイプのコンタクトしか、あなた
の眼にはないと言われたのです(そんな気がします)。

それがずーっと、頭に残っていたので、調べることさえ、していなかったの
です。しかし、私は極端に左右の視力が違っていて、偏頭痛が頻繁に起きて
いたのです。

それがいよいよ、耐えられなくなり、「コンタクトで解決できるのでは?」
という結論にやっと至ったのです。

やはり、無知はコストです。
また、誤った固定概念を打ち崩すのがいかに難しいかもここで分かります。
その固定概念が経験に裏打ちされているものだと変えるのが困難なのです。

しかし、時代や技術は進歩します。
以前は不可能だったことが、可能になったりするのです。

それを柔軟に調べる、聞いてみる即時主義、素直さがやはり、大事なんだな
ということを改めて、再認識しました。

そして、この3月、新生活に合わせて、親子でコンタクトを買いに来ている
人がとても多かったです。それにしても、年間6万円から8万円ものお金を
使い捨てコンタクトをしている人は使っているんですね。

これは親は大変だなーと思いました。
また、この金額をずっと払わせ続けるコンタクトは製造原価は約30円です
し、もしかしたら、使い捨てコンタクトは最強ビジネスかもしれません。

やはり、このように一度、味わったら止めることができない継続性の高い
ビジネスが最強だなーとコンタクトをつけるたび、つくづく思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事