マネジメント > 成功哲学・成功法則

ウサギとカメにもう一度はない

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、テレビを見ていたら、あるお笑い芸人の人がこう言ってました。

「僕はウサギとカメの話が大嫌いなんですよ。
だって、あんなの、もう1回、やったら絶対にウサギが勝つでしょ!?」

確かに、もう1回、やったらウサギが勝つでしょう。

ですが、もう1回はないんです。

なぜか?

それはウサギとカメはどっちが足が速いかということを言ってるわけでは
ないんです。当たり前ですが。

あれは、例えばなしです。人生の。

つまり、長い人生では足が速い、つまり、能力がある人が勝つとは限らない。

能力がある人は、自分が能力があることに甘んじてしまったり、
能力があるが故に、早く結果が出たりします。

しかし、それに油断してしまい、能力はないけど、コツコツ頑張っていた
人に抜かされてしまうことがよくある。

それに気づいた時には、もう埋められない差が出てしまっていた。

そういうお話です。
ですから、人生にもう1回がないように、ウサギとカメのお話にも、
「もう1回」はないのです。

今、結果が出てる人は油断せずに、今の結果に甘んじることなく、
コツコツと頑張っていきましょう。

そして、まだ結果が出てない人、または「自分が能力がない」と
思ってる人。

一歩一歩、コツコツと頑張っていきましょう。
その先にあるゴールを見据えて頑張り続ければ、必ず、結果は出ます。

今年のスペシャルセミナーでお話しいただくつんく♂さんも著作の中で
書かれています。

(ここから)
正確に言えば、僕自身、才能がなかったからこそ、「一番になる」こと
ができたのです。

才能がなかったからこそ、有線放送会社に電話営業する労を惜しむこと
もありませんでした。

凡人だったからこそ、「一番になる人」と自分との違いを分析し、売れる
ための方法を研究することに力を注ぐことができました。
(ここまで)

自分よりもっと能力のある人がいても、頭を使い、努力を積み重ねること
で結果を出すことができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事