マネジメント > 成功哲学・成功法則

お酒を飲まないと人生の半分、損してる!?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.8.16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はお酒を飲みません。理由はお酒が弱いからです。
しかし、「私はお酒、飲まないんですよー」というと、必ず、こう言う人が
います。

「そうなのー?もったいない!人生、半分、損してるよ!」

しかし、年末年始、お酒を飲む機会が増えます。
そうすると、必ず、トラブルが起きることがあります。

なぜなら、お酒を飲むと感情がむき出しになるからです。
だからこそ、本音で語り合えるわけです。

それは友達同士ならいいですよ。喧嘩しても、仲直りすればいいんです。
しかし、院長とスタッフだったら、どうなるでしょうか?

ただでさえ、院長は普段の診療中から、感情が表に出やすいのに、もっと、
感情が表に出たら、これ丸出しってことです。

それはトラブる可能性が高くなります。

スタッフだって、そうです。普段、感情をぶつけられて、ストレスをためて
いるのに、院長が酔っ払って、変なこと言い出したら、抑えていたものが
爆発してしまうかもしれません。

そんなことになるぐらいだったら、飲まなければ良いんです。
少なくとも、スタッフと一緒にいる時は飲まない方がマネジメント上は良い
かもしれないですね。

そこで、医院の長期的なマネジメントを優先するのか、それとも、目先のお酒
を飲みたいという感情を優先するのか、その積み重ねではないかと思います。

更に、お酒を飲むことによって理性が吹っ飛んで、とんでもないことをして
しまう院長もたまにいます。それがもたらす被害も甚大です。

最悪なのはお酒を飲んで、車を運転して事故にあってしまうことですね。
人生半分、どころか、もっと損してしまう可能性があります。

それと、意外に多いのがお酒を飲み続けることで、健康を害することですね。
人生のかなりを損してしまいます。

多くの人はお酒を飲まないと人生の半分損してるといいます。
もちろん、損してる部分もあります。しかし、お酒を飲むことで損してる
こともたくさんあるということもまた、事実なのです。

せっかく、これまで人生の大半をかけて大切に育て上げてきた医院をたかだか
お酒ごときで破壊されていいんでしょうか?でも、お酒の破壊力は抜群です。

簡単にこれまで何十年もかけて築き上げてきた医院をぶっ壊してしまいます。
お酒はそれだけ怖いんです。だったら、スタッフと一緒の時はお酒を飲まな
いとか、かなり気をつけないといけないのではないでしょうか?

お酒のリスクをしっかり考えながら、リスクを回避して、お酒を楽しんで
ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事