マネジメント > 成功哲学・成功法則

スペシャルセミナー&表彰式

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【つんく♂さんから学べること】

12月21日に東京ミッドタウンホールで開催されたスペシャルセミナー。
1人目のスペシャルゲストはあのつんく♂さんでした。

つんく♂さんから多くの学びを得ましたが、今日は1つだけ、皆さんに
シェアしたいと思います。

つんく♂さんの話の中で、このようなお話がありました。

「伸びる人は納得してなくても、意図が分かってなくても、
『きっと、この人が言うんだから、意味があるんだろうな』と信頼して、
『先ず、やってみよう』と思ってチャレンジできる人。

逆に、伸びないのは『自分のやり方はこう』『そんなのはやってみたけど、
ダメだった』と先ずは、言い訳・できない理由を言って、こちらが言うこと
を全然、やろうとしない人」

というお話がありました。

私もこれまでに何度もこれと同じことを伝えてきました。
それがやはり、どの世界でも同じなんだということが分かって、とっても、
うれしかったです。

その人がいかに能力があろうと、その人がいかにかわいかろうと、どれだけ
その人が伸びるかは他の人の言うことを素直に受け入れて、行動する素直さ
にあるのです。

逆に、自分に能力があまりない、見た目もそんなにいいわけではないという
大半の人(私も含めて、ほとんどがこのカテゴリーに入ると思います)は
いかに素直に人の話を受け入れて、いかに素直に実行していくかにかかって
るということです。

これはその人の話が素晴らしいとか、そうでないとか、●●さんの話だった
ら聞けるのにとか、そういうこととは関係ないと思います。

なぜなら、つんく♂さんほどの超一流プロデューサーの言うことでさえ、
人は素直に受け入れて、実行することができない人もいるからです。

「そんなこと、やって本当に意味があるの?」
「そんなこと、やりたくない」
「そこまでしたくない」

などなど、超一流プロデューサーのつんく♂さんが意図や目的を説明した
としても、それを素直に受け入れて実行するのは誰でも出来るわけでは
ないのです。

「なんで、こんなこと、せなあかんの?」

と思うようなことに挑戦するなかで見えることがあるんだと私は思い
ます。是非、来年も新しい自分への挑戦をしていきましょう。

また、自分にアドバイスしてくれる人の意見には丁寧に耳を傾ける
ようにしましょう。

【太田光代さんから学べること】

2人目のスペシャルゲスト太田光代さんは超人気お笑い芸人 爆笑問題
太田光さんの妻であり、所属事務所社長でもあります。

太田光代さんからは夫婦成功をするために必要な考え方をお話いただき
ました。

太田光代さんは当日は時間がなくて、深くお話しいただけなかったので
すが、事前に事務所で打ち合わせをした際には、このようにお話されて
らっしゃいました。

「爆笑問題の二人に自分の言ってることを信頼してもらうためにも、
必ず、結果を出すようにしている。

とにかく、『結果を出す』ことは非常に重要で、結果を出すためには
時間とエネルギーを投入する。

『できない』ってことはない。『できない』って言葉が一番、嫌い。
私はタレント、スタッフが『できない』って言ったら激怒する。
『できないって言うな!』と。

結果を出すから信頼してもらえるわけで、結果は非常に重要」

太田光代さんは社長ということもありますが、夫に依存するとか、
夫のせいにするという考えは一切、ありません。

話は変わるかもしれませんが、今年の年末にもTBSで放送される
『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』を私たち、夫婦は
楽しみに見ています。

それは「クビを宣告された夫を支える妻」が非常に対象的だからです。

夫に依存していて、私はあなたについていくだけだからという妻
夫をサポートして、夫が望む結果を得るために必死にサポートする妻

全然、違うのです。

しかし、光代さんは次元が違います。
夫の仕事そのものを獲ってきてしまうのです。

歯科でいえば、「患者さんが来ない」「患者さんが減ってきた」と
いう状況であれば、妻が夫に代わって、患者さんを集めるための方法を
必死で考えて、提案して、必死で結果を出す。

その結果の積み重ねで光代さんは爆笑問題の二人からの信頼を得て、
常に結果を出すために100%以上の時間とエネルギーを投入し続けて
きているのです。

だからこそ、今の爆笑問題があるのです。

はっきり申し上げます。
今の世では、夫に依存して、夫に求めるばかりの妻が多すぎます。
何でも、夫のせいにして、環境のせいにして、人のせいにしてるのです。

不平・不満・文句を言う暇があったら、夫のサポートをもっとするように
しましょう!

不況の波が吹き荒れています。
夫の仕事がうまく行ってないのであれば、妻が仕事を獲ってくるぐらいの
気概を見せてほしいと思います。

なぜなら、あなたも結婚のときに誓ったはずだからです。
「健やかなる時も、病める時も、富める時も、貧しき時も、
喜びの時も、悲しみの時も、共に歩むこと」を。

他にも、光代さんからは素晴らしいお話をたくさんしていただきました。
夫婦成功の成功モデルと私が思ったことに間違いはありませんでした。

【表彰式受賞者】

今年もスペシャルセミナーの後は、会場を移動して、表彰式をしました。
涙あり、笑いありで、本当に良かったです。

しかも、今年の会場はザ・リッツカールトン東京。
私達も遂に、リッツカールトンホテルで表彰式ができるまでになりました。
感動もひとしおでした。

今年も多くの感動の涙が表彰式で見られました。

なぜでしょうか?
それはそれだけ頑張ってきているからです。

皆さんも、オリンピックなどを見て感動しませんか?
それはその選手がそれまで頑張ってきている姿があるからこそ、
なのだと思います。

そして、そこまで頑張ってる人の姿を見て、
「自分も頑張らないといけないな」と思うのではないでしょうか?

実は表彰式にも、それと同じような効果があるのです。
自分が表彰されようと、されなかろうと、そのような姿を目にすることが
「自分もああなりたい」
「自分も来年はあそこで表彰されたい」
という気持ちを強くするのです。

人は「自分のなりたい姿」をリアルにイメージできればできるほど、
それが実現する可能性は高くなります。

院長やスタッフが表彰式に参加することで、そのイメージが強烈にインプット
され、翌年に実現可能性が飛躍的に高まり、本人のモチベーションが上がり、
行動が早くなり、行動が多くなり、結果が出て、成果が出て、成長するのです。

来年、表彰式で表彰台の上で涙するのは、あなたです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事