マネジメント > 成功哲学・成功法則

やること表を使おう!

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が実際にコンサルティングをしていく中で問題になるのは、

「院長が『これは来月までにやりましょうね』
と約束したことをやらない」

ということです。

そんなに難しいことでもなく、
時間がないわけでもないのに
できていないというのはよくあることです。

そして、そのできない原因のほとんどが
「忘れてしまう」ということなのです。

今回は、私自身も実践している
「やること表」をご紹介します。

この「やること表」をしっかりとつけていれば、
忘れるというのはなくなるはずなのです。

———————————————————————-
1.力の差は実行の差

やるべきことを忘れてしまう、
というのは誰でもよくあることです。

私自身もその繰り返しです。

しかし、「忘れちゃうんだよね」
で話を終わらせてしまっていては、
何の進歩もありません。

それだけでなく、いつも

「やるべきことを忘れてしまう」
「やろうと思ったことを忘れてしまう」

ような状態の院長が結果を出す、
つまり、医院を変える、医院を伸ばすことは難しいです。

なぜかというと、結局は医院経営は
実行の積み重ねだからです。

きちんとやるべきことを実行し、
それを積み重ねた医院は伸びますし、
そういうことをしないで、
いつも目の前のことばかりをやっている
医院は伸びません。

伸びない院長のほとんどがやるべきこと、
約束したことをしっかりやってくれません。

それで、医院が変わるわけがないのです。

やるべきことをしっかりやる。

この基本ができていなければ、
何事も成しえないのは明らかです。

今や、

「どうしたら医院が変わるのか」
「どうしたら業績が上がるのか」
「どうしたら自費が増えるのか」
「どうしたら患者数が増えるのか」

という情報はたくさんあります。

私のセミナーにも多くの方にご参加いただいています。

しかし、その中でも、業績が伸びる人と伸びない人に
大きな差が出るのは何故でしょうか?

それは、聞いた内容を実行するか実行しないか、
これだけです。

伸びる人は圧倒的に実行する量が違うのです。

センスなどではありません。
いかに多くのことを実行するか、
これにかかっているのです。

———————————————————————-
2.やること表を使おう!

私自身は、自分のやるべきことを
忘れないようにするために、
常に「やること表」というのを作り、
常にそれを持ち歩くようにしています。

私自身は次のようにして、やること表を作っています。

・A4の白紙を用意する
・A4の紙にやるべきことを書き込んでいく
・書き込む際には「□アポロニアの原稿を書く」という感じで書く
・書き込んだ項目が終わったら、やること表の□にチェックを入れます
・「○○に連絡する」「○○という本を買う」
などのような些細なことも書くようにしています。

そもそも、人間は忘れる動物なのです。

元々、忘れるようにできているのですから、
忘れるという前提に立って、

「どうせ忘れるのだから、しっかり書いておこう」

と思って、書くことが大切です。

しかも、すぐに書くことが大切です。
「後で書こう」と思うと、
書こうと思ったときには忘れてしまいます。

例えば、先生がカルテを書く場所、
電子カルテの近くにやること表を置いておいて、
何かの時にはすぐに書けるようにしておくとか、
した方が良いです。

また、外出する際には、常にそれを持ち歩き、

「あっ、これ、やらないといけないな」

と思った時には、そこに書くようにします。

普通のメモ、ノートとは違う、

「今、自分がやることだけを書き込む用紙」

というのを作り、そこにまとめておくことで、
随分と頭の中がすっきりするものです。

そうしないと、頭の中で

「ああ、あれもやらないといけない、
これもやらないといけない」

となって、ストレスがたまります。

しかし、きちんとノートにまとめてあると、
今やるべきことに集中できるので、
業務効率も上がるのです。

多くの先生、ほとんどの社会人は人と話すときに、
メモを取りません。

しかし、せっかく、話をするのであれば、
何か良い話があるかもしれません。

いつでもメモを取れる状態にし、
何かあればすぐにメモすることをオススメします。

ほとんどの人は「かっこ悪い」と思うのか、
そんなことはしませんから、
そういう積極的な姿勢を見せるだけで、
集まる情報が変わってくるのです。

また、話をしている人も、自分の話をメモしていたら、

「もっと教えてあげよう」

と思って、教えてくれたりするものなのです。

———————————————————————-
3.大切なのは常に見ること

やること表に慣れていないと、
このやること表を失くしてしまったりします。

私はなくならないようにするためと、
どこでも書けるようにするために、
A4サイズの画板のようなものに綴じるようにしています。

それと、大切なのはこれを最低でも、
1日1回は見返すようにすることです。

やること表を見ると、できてないことばかり並んでいるので、
見るのはストレスなのですが、
それに負けずにいつも見返すようにすることで、
実行率は確実に上がります。

費用は全然、かかりませんが、
皆さんに返ってくるものは計り知れません。

是非、即実行をオススメします。

また、こういうことは社会人としての基本なので、
本来であれば、スタッフにもつけることをオススメします。

スタッフも診療業務以外に、
やるべきことはたくさんあるはずです。

それをメモしてないということは診療業務以外、
やる気がないということです。

———————————————————————-
皆さんから、多くの要望があった
「人事評価制度構築のコンサルティング」
ですが、これまで、私の時間が取れなかったためにお断りしていました。

しかし、要望が多いので、院長とチーフで作れる
「歯科医院人事評価制度構築完全マニュアル」
というものを作りました。

私が人事評価制度のコンサルティングの中でやってることを
120%盛り込んだ商品です。

興味のある方は、今すぐ、
http://www.consuldent.jp/package/jinji.html
にアクセスしてください。

詳しい情報と申込ができ
ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事