マネジメント > スタッフ教育

人を変えることはできない

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、つくづく感じることがあります。
それは「人を変えることはできない」ということです。

私もこれまで、様々な経験をして自分自身を変えてきました。
そして、自分自身を成長させることができたからこそ、こうすればいいのに
と思うこともあり、色々とアプローチしてきました。

しかし、それらの大半はほとんど、何の効果もありませんでした。
それは私が「自分だったら、この人を変えられるんじゃないか」と思って
いたからだと思います。

いくらどんなに、私が成長し、力をつけたとしても、きっと誰かを自分が
思うように変えることなんて、できないのです。

よくセミナーでも「過去と他人は変えられない」と伝えておきながら、私自身
が人を変えようとしていたのかもしれません。

しかし、そんなことは誰がやっても、無理なのです。
本人が変わろうと思わない限り、何も変わらないのです。

こちらができることはその人が変わろうと思うきっかけを作ってあげること
だけなのです。

もちろん、気づきの機会を作ってあげるために、セミナーに参加してもらう
というのも1つです。

しかし、もっとお手軽に、お金がかからずに効果的な方法が実はあるのです。
それは・・・
「その人を理解する」ということなのです。

3回シリーズのセミナーで幹部を養成する「幹部スタッフ育成塾」という
セミナーがあります。このセミナーの宿題を通して、幹部候補のスタッフは
成長していきます。

実は、幹部が成長するとどういうことが起きるのかというと、院長が変わる
のです。しかも、幹部候補のスタッフが院長を変えようとして変わるのでは
ないのです。

これまでも、多くの医院でスタッフが院長を変えようと様々なアプローチを
してきました。

・反抗的な態度をとる
・不平不満愚痴文句を言う
・直接、院長に「こういうのはおかしい!」と言う

そのどれも、院長を変えようというアプローチなので、院長が変わることは
決して、ないのです。

しかし、幹部スタッフ育成塾の宿題では全く逆のアプローチをします。
幹部候補のスタッフが院長の嫌な行動をリストアップして伝えます。
しかし、違うのはここからです。

どうして、院長がそのような行動をしてしまうのか、その裏にあるのはどの
ような考え、どのような感情なのかを徹底して院長の話を聞くのです。

そして、普段、患者様に対して、治療に対して、スタッフに対して、どのよう
な考え・思いを持っているのかをひたすら聞くのです。

そして、日々、院長にプラスのメッセージを伝え続けるのです。
これをすると、どうなると思いますか?

実は、これまで全然、理解できなかった院長のことを幹部候補のスタッフが
理解し始めるのです。

「きっと、院長はこう思ってるんだろうな」
「今、院長が不機嫌なのは、これが原因だな」

そう思うと、院長や医院への不満な気持ちが和らぎ、院長の気持ち・考えを
代弁してくれるように成長していくのです。

そして、そんな幹部候補のスタッフが真の幹部へと成長していく姿を見て、
院長も怒らなくなったり、もっと積極的にスタッフに関わろうと思うように
なっていくのです。

もしかしたら、スタッフを変えようというアプローチをしていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事