マネジメント > スタッフ教育

できないことへの対応の違いで将来が変わる

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、コンビニに行くと、その場で作ってくれるアイスクリームがあったの
で、注文しました。すると、コンビニの若い店員さんがこう言ったのです。

「すいません。自分、まだ研修中なんで、アイスクリームを作れないんです。
申し訳ございません」

「機械が壊れてる」とか「売り切れた」とかいくらでも言い訳がありそうな
ものですが、その正直な物言いに、私は思わず、笑って許してしまいました。

一方、ある別のコンビニでこんなことがありました。
私の前のお客さんがレジで宅急便を出しているのです。

しかし、コンビニで宅急便はあまり出ないので、その処理に明らかに店員
さんは手間取っています。

しかも、その店員さんはいかにもギャルという金髪でケバイ感じの化粧。
お客さんはいかにもサラリーマンみたいな感じで、まずーい空気が充満して
いました。

手間取るギャルのレジは私の後ろにも3人ぐらい並んでしまい、ますます、
プレッシャーがかかります。

やっと、会計が終わったと思ったらサラリーマンのお客さんが
「あっ、領収書」と言うと、そのギャル店員はレジで領収書を発行した
のです。

そして、サラリーマンのお客さんも納得がいかない顔で首をかしげながら
返ろうとしていたので、後ろの私が

「その伝票の1枚目を渡すんじゃないですか?」

とギャル店員に声をかけました。
すると、ギャル店員は無言で伝票の1枚目をサラリーマンのお客さんに
渡し、お客さんも納得した顔で帰っていきました。

そして、そのギャル店員はそのまま何も言わずに私の会計をして終了
したのです。

一言、「ありがとうございました」と言うべきなのではないでしょうか?

できなかったことは仕方がないと思います。
しかし、それを助けてくれた人に対して感謝の気持ちを伝えられないのが
今の10代、20代なのかーと愕然としました。

同じ「できない」という状況に直面したときにも、この2人のコンビニ店員
の対応の違いはきっと本人たちの将来にも大きく、影響するのではないかと
私は思うのです。

できないことはしっかりとできないと言って謝る。
一方は、できないことをそのままに、助けてもらっても感謝もしない。

両者では、目先できないことは一緒ですが、周りが助けてくれる度合いが
明らかに変わってきます。

それが最終的に2人の将来を大きく分けると思うのです。
人の将来は意外とそんな小さいことの積み重ねによって決まるのではないかと
私は思うのです。

あなたはスタッフ、奥様、業者さんに助けてもらったときに、一言、
「ありがとう」と伝えていますか?それが当たり前になっているとしたら、
ギャル店員に近づいてるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事