マネジメント > スタッフ教育

中途スタッフにも仕事観を伝えていますか?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はいつも「仕事観」の大切さを伝えています。
仕事観とは「何のために仕事をするのか?」ということです。

この仕事観が「お金のためだけ」「生活のためだけ」になっているスタッフ
の割合が多いほど、医院の規律は崩壊し、新しい取組にスタッフが抵抗し、
スタッフの不平不満グチ文句が増えて、スタッフが院長嫌いで一体化して
いきます。

もし、あなたの医院で、このような症状が出ているようであれば、スタッフ
の仕事観をイチから教育されることをオススメします。

この仕事観を正しく確立するのは言葉で言うのは簡単ですが、実際にはかなり
大変です。しかも、信頼関係が取れていない院長から言っても、なかなか、
響きません。

院長も仕事観を伝えるために、1日診療を休みにして、伝えることも難しい
です。

そうやって、いつまで経っても仕事観が正しく確立されていないと、医院の
中で問題が起き続けます。

「なぜ、こんなことをやらないといけないんですか?」
「残業代の計算が合わないと思います」
「有給休暇はもらえないんですか?」

そのようなどうやったら医院が良くなるか、どうやったら患者さんがもっと
喜んでくれるかといった本来、考えてほしいことをスタッフは考えてくれ
なくなります。

そして、すぐにスタッフが「先生、ちょっといいですか?」という一番、
聞きたくない言葉を何かあるとすぐに言うようになります。

そのような状態を何とかやり過ごしても、根本的な問題が解決されてない
ので、時間が経つとまたすぐに、同じような問題が勃発します。

では、根本的な問題とは何でしょうか?
それこそが
「仕事観が正しく確立されてない」
「お金のためだけに働いているスタッフの割合が多い」
ということなのです。

しかも、「お金のためだけに働くスタッフ」というのは中途スタッフに
よって医院に持ち込まれることも多いのです。

「前の職場はこんなんじゃなかった」
「前の医院はこうだった」
「こんなのはおかしい」

前職と比較する、大手企業と比較する、経験もある、年齢も上の人が新人で
あったとしても、このようなことを言うと、他のスタッフは影響されるので
す。

そうなってからでは遅いのです。
今のスタッフ、新しく入ってきたスタッフにはしっかりとした仕事観を
教えることをオススメします。

しかし、なかなか、歯科医院ではそれが難しい。
といことで、歯科医院地域一番実践会が1日のセミナーで行います。

それこそが「歯科医院新人スタッフ研修」です。
名称には「新人スタッフ」となっていますが、中堅スタッフにも最適です。

また、院長も含めた全員で参加することで、共通の価値観を構築する上でも
最適です。

院長、チーフスタッフが参加することで、自分たちで今後は新人スタッフに
仕事観を伝えられるようになるためにもオススメです。

5月開催はキャンセル待ちになりましたので追加講演決定!
「歯科医院新人スタッフ研修」の詳細・お申込みは今すぐ!
⇒ http://www.consuldent.jp/seminor/shinjin.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事