マネジメント > スタッフ教育

代診Drの教育は上手く行ってますか?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほとんどの院長先生はこう思っています。

「代診を雇えば、自分の負担は軽くなる」

こう思っていた先生はほぼ確実に代診Drの教育に頭を悩ませています。
なぜなら、代診Drが自分の思ったようには動かないからです。

自分が代診だった時にはもっと練習したり、勉強したりしたのに、なんで、
やらないんだろう?

そう思うと、イライラし、代診Drとの関係は悪化していきます。
そして、練習もしない、勉強もしないので、治療の質も悪くなります。

それを見ると更に院長先生のイライラは増していきます。
そんな院長先生を代診Drは次第に避けるようになり、コミュニケーション
も取らなくなって行ってしまうのです。

そうならないためにはどうすればいいでしょうか?

それは代診Drの教育をすることが重要です。
というと、多くの院長先生はこう思うかもしれません。

「今まで、何回も言ったけど、ダメだったよ」

確かに、そうかもしれません。
しかし、ほとんどの院長先生は代診Drに「やり方」だけ言ってるのです。

それが問題なのです。
代診Drとしてのあり方が最も大事なのです。

そして、今、目の前の仕事を一生懸命、頑張ることがいかに本人の人生に
大きく影響するのかを伝えることが重要なのです。

しかし、日々の診療で忙しい院長先生はなかなか、そのような時間を取る
ことができないので、歯科医院地域一番実践会が代診Drのあり方教育を
するセミナーを開催することになりました。

代診Drが傍観者でいる医院はなかなか、医院が成長しませんし、
傍観者でいる代診Drの力もつきません。

しかし、代診Drが当事者として医院で頑張ってくれている医院は成長し、
代診Drも力がつくのです。

代診Drのあり方教育は、このように、医院のためにも、本人のためにも、
スタッフのためにも、患者様のためにも、非常に重要なのです。

これまで代診Drにやり方教育ばかりしてきた院長先生は今すぐ、アクセス!
⇒ http://www.consuldent.jp/seminor/superdr_ikusei.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事