マネジメント > スタッフ教育

あなたはスタッフをどこまで見ているか?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、経営塾ベーシックコース第4回のゲスト講師である
せこ歯科クリニックの世古先生がこうおっしゃってました。

「スタッフと信頼関係を作るにはスタッフを気にかけてあげることが
大切だ。小さいことで良いんです。例えば、それスリッパ変えたの?
かわいいねー、というようなことで全然、良いんです」

そうなのです。
スタッフの細かい、小さな変化を見逃さずに声をかけてあげること、
実はこれが非常に重要なのです。

これができる先生はスタッフと信頼関係を構築しやすいし、
これができない先生はスタッフとの関係構築が難しくなります。

例えば、顔色が悪い、元気がないというようなことにも気付いて、
気づかってあげる。これが大事なのです。

それによって、
「私は見られている」
「私は大切にされている」
「私は必要とされている」
と思うのです。

こういう声掛けがないと
「私は見られていない」
「私は大切にされてない」
「私は必要とされてない」
と思ってしまい、医院も大切にしなくなり、辞めてしまうのです。

これは大げさではなく、本当にこれまで、数多く見てきた事実です。

以前に、ネイルサロンを経営している私の知人がスタッフのファンデー
ションが変わったことにまで気付くとこのメルマガでお伝えしました。

実は、私もそれに一歩近づくことができました。

それは、朝、会社に行くと弊社の事務スタッフがいつもと何か、
雰囲気が違ったのです。

「何が違うんだろう?」

そう考えてみると、「何か、口紅の色がいつもと違うような気がするな」
と思い、聞いてみました。

「あれっ、口紅、変えた?」

すると、
「えっ、分かりました!?そうなんです。ちょっと、変えてみたんです」
と言うではありませんか!?

私は女性スタッフの口紅の変化にまで気付けるようになったのです。

このような小さな変化に気付けるようになった時、あなたの医院の
スタッフはあなたのため、医院のために、もっと力を発揮してくれる
ようになります。

私が口紅の変化に気付いた弊社の事務スタッフは物凄い頑張ってくれてます。
そして、旦那さんからも、友達からも、「働いてから変わったよねー」と
言われて、喜んでくれています。

そして、旦那さんからも
「日本の中小企業で三本の指に入るぐらい、良い会社なんだよ」
と友達に言ってくれてるそうです。

ちなみに、旦那さんは大手N自動車で働いてらっしゃいます。
あなたの医院のスタッフは家族から日本で三本の指に入る良い歯科医院で
働いていると言われてますでしょうか。

そんな医院にこれからしていくためにも、スタッフ1人1人の細かい
変化に気付くようにしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事