マネジメント > スタッフ教育

医院を破壊する院長夫人

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで、夫婦で経営することを推奨してきましたが、稀にですが、
夫婦で一緒に経営しないほうがいいという場合もあります。

それはどんな場合かというと・・・

院長夫人が医院を破壊する場合です。

やはり、一番、良くないのが好きなときにふらっと医院に現れて、
スタッフのできてないところを散々、言うだけ言って帰ってしまう。

更に、スタッフを怒ったり、とんでもなく無理な要求をスタッフに押し付け
たりする場合もあります。

ちょっとでも気に入らないスタッフがいると、強引にでも辞めさせてしまった
りする。

稀にですが、こんな場合もあります。
このような場合は残念ですが、院長夫人には医院に出ないようにしてもらう
ことをオススメします。

いくらどんなに新患数がいても、それを診れるスタッフ数がいないことには
医院は伸びていきません。スタッフの採用が難しい中、完璧なスタッフを
採用できることは先ず、ありません。

そんな中でも、スタッフを一緒に育て、採用を改善してく取り組みを一緒に
してくれる院長夫人であってほしいですね。

自分は何もやらないけど、文句だけ言う。
もし、万が一、そんな状態にあるとしたら、院長夫人の医院への関わり方を
見直すことが大事だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事