マネジメント > スタッフ教育

院内パートナー制度

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私のメルマガを読まれてる先生の医院であれば、チームワークが良好な医院の
方が多いと思います。しかし、チームワークというのは今がいいから、いつも
良いということは決して、ありません。

人数が増えてくれば、コミュニケーション量が減り、人数が増えることで派閥
や部門ごとの対立も増えやすくなってきます。

このようなスタッフ同士の人間関係というのは一旦、こじれると非常にやっか
いです。院長が間に入って、「仲良くしないよ」とか「こっちが正しい」と
関係改善に動くと、かえってややこしいことになりかねません。

スタッフ同士の人間関係の問題は院長はあまりタッチせず、起ってしまったら
幹部スタッフか院長夫人に解決をお願いするのがベストです。

もし、そのような存在がいない場合は、どちらかが辞めるまで解決が難しい
というぐらいやっかいな問題なのです。

そして、どちらかが辞めたとしても、根本的な問題は解決されてないので、
恐らく、また同じような問題が起きるのです。

では、そのようなスタッフ同士の人間関係の問題が起らないようにするため
にはどうすればいいでしょうか?

それは「相互理解」に尽きるのです。

お互いの仕事の内容や大変さを理解していないと、夫婦関係でもそうですが、

「こんなこともできないのか?」
「どうして、これくらいやってくれないのか?」

と自分の立場ばかりを主張し、相手を責める気持ちが強くなっていってしまう
のです。

「なんだ、そんなことか?」「それぐらい、誰でも分かるよ」と思うかもしれ
ません。では、相互理解を深めるために、医院として、どのような取組をして
いるでしょうか?

大半の医院では、今、起きている問題やミスについて話し合うことはしていて
も、相互理解を深めるための取組は何もしてないのです。

何もしてないと、人数が増えてきたり、合わないスタッフが入ってきたりする
と、とたんに人間関係でギクシャクすることになってしまうのです。

そして、人間関係でギクシャクしている医院は人が定着しないし、新しいス
タッフも見学のときに、その雰囲気を察して入ってきてくれなくなるのです。

そこで、今回、皆様にオススメするのが「院内パートナー制度」です。
院内パートナー制度の内容は簡単です。

1.院内で2人1組のパートナーを組む

2.パートナーの組み方は
・新人スタッフと指導担当スタッフ
・受付と衛生士、歯科医師と歯科助手
など、できるだけ多くコミュニケーションをとってほしい組み合わせにする

3.パートナーは3ヶ月に1回は交代する
⇒ずっと同じパートナーだとマンネリ化してしまうのを防ぐため

4.月3回程度はパートナー同士で食事を一緒にするなど、コミュニケー
ションをする時間を作ってもらう

5.パートナートークで話す内容は不平不満グチ文句ではなく、お互いの
月間目標の進捗状況の報告とそれについてのコーチング

一番、重要な目的は月間目標の進捗状況を互いに報告しあい、まだ実行でき
てない項目に関してはこれから何をするかということを宣言することで、
目標の達成度合いを上げることです。

また、相手の目標がどうやったら達成できるかを一緒に考えることで、各自の
コーチング能力を磨くこともあります。

そして、パートナーを組んだ二人は単に食事をするだけでなく、お互いの月間
目標がどうやったら達成されるかを話し合うことを通して、

・互いの仕事内容を話し合い
・何が大変で、何に苦労していているのか、何を悩んでいるのかを話し合う

ことになるのです。

そして、相手の仕事内容、人柄、考えを理解するのです。
これによって相互理解が深まるのです。

相互理解はコミュニケーション量を増やすことでしか得られません。

そのコミュニケーションも自分の立場を主張し合うのではなく、どうしたら
相手の抱えている問題が解決されるかという視点で話し合うことによって、
相互理解へとつながっていくのです。

この院内パートナー制度。
やれば確実に効果があります。しかも、コストはほぼゼロ円です。

ただ、問題があります。
それはパートナー同士でしっかりとコミュニケーションをとっているかどうか
をきちんとチェックして、やるように根気よく伝えるのが大変なのです。

その目的を何回も伝えていかないと、毎日のことなので、次第にやらなくなり、
やらない人が出てくると、周りもやらなくていいものなんだと思ってしまうの
で注意が必要です。

スタッフが人間関係でもめて、誰かが辞める前にスタッフの相互理解を深める
院内パートナー制度を実践してみてはいかがでしょうか。

この院内パートナー制度により、相互理解が深まるだけでなく、スタッフの
コーチングスキル、目標達成力も磨かれるとしたら、やってみたいと思いま
せんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事