マネジメント > スタッフ教育

価値観を統一するには共通の体験、共通の言語が必要だ

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は夫婦でも、スタッフであっても共通の価値観を形成するには共通体験と
共通言語が必要だと思っています。

うちの会社に新たに入社したスタッフには、3日間で18万円もする成功
哲学セミナーに全額会社負担で参加してもらっています。

このセミナーにはうちの会社の全スタッフが参加してますので、費用はかか
りますが、参加してもらうことで共通体験と共通言語を形成することができ
るのです。

もし、このセミナーに私だけが参加して、そのセミナーで学んだことを会社
で実践しようとしても、「なんで、そんなことをしないといけないのか?」
となり、なかなか定着しづらいと思います。

しかし、全員が同じセミナーに参加して、同じ話を聞いていれば、
「ああ、あの時のセミナーで言ってたことね。じゃあ、やってみようか」と
納得し、実践し、定着しやすいはずなのです。

実際にそのような効果が出ています。

しかも、私は新人スタッフが参加する際には一緒に参加しています。
ですので、私はこれまで、このセミナーに7回も参加しています。

同じ内容であっても、参加するたびに気づきは変わってきます。
やはり、継続して学び続けることが大事なんだと参加するたびに痛感します。

新人スタッフと一緒に参加するのはもう1つ理由があります。
成功哲学セミナーで伝えている内容をどのように落とし込んでほしいのか、
うちの会社ではどのように実践してるのかを伝えたいのです。

また、人数が増えてくると以前とは違い、新人スタッフとしっかり時間を
取って深い話をするのが難しくなります。

3日間もの長い時間、朝から晩まで一緒に過ごす機会はほとんどありません。
セミナーに一緒に参加することで、色んなことを語り合い、お互いのことを
理解し、うちの会社のことも理解してもらう。

そんな新人教育の場にしているのです。

あなたは
どのように新人スタッフとコミュニケーションをとり、
どのような新人教育をあなた自身がしていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事