マネジメント > スタッフ教育

大量の幹部候補生が輩出されました!

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、『幹部スタッフ育成塾』が終了しました。
3回シリーズのセミナーの最終回が終了し、多くの女性スタッフが立派な
幹部へと成長しました。

幹部スタッフ育成塾参加者の成長は目覚しく、多くの医院に実際に変化が
現れ、スタッフの状態が改善し、院長の状態が改善し、医院全体が良い状態
へ進化したのです。

その起点となったのが、今回、幹部スタッフ育成塾に参加したメンバーだった
のです。なぜ、そのような変化が起こったのでしょうか?

それは幹部スタッフ育成塾の宿題に秘密があるのです。
ほとんどの人は勘違いしているのです。

「リーダーシップとは何か?」

ほとんどの人はリーダーシップについて勘違いしているのです。
リーダーシップ、リーダー、チーフ、幹部というとすぐに学校の学級委員の
ようにしなければならないと思ってしまうのです。

「みんな、○○しようよ!」
「みんな、○○するのはダメだよ!」

と皆の前で言うことがリーダーシップだと思っているのです。
このような皆の前で発言して、医院を引っ張っていく。

これはリーダーシップの再集計だということを皆、知らないのです。
これを最初からやらないといけないと思ってしまう。

「そんなことできない」「私には無理」「私には向いてない」
「そんなこと言って、他の人に変な風に思われたらどうしよう」

そう思うと、誰もリーダーなんか、やりたくなくなってしまうのです。
これが歯科医院でなかなか、リーダーが育たない最大の原因だと思います。

本来であれば、最終段階のことを最初からやろうとしているのです。

スキーでいえば、コブ斜面をすべるのは最後です。
先ずは、リフトの乗り方から始まって、ボーゲンからやりますよね。

それなのに、皆、いきなりコブ斜面を滑ろうとするから、スキーそのものに
恐怖感がついてしまうのと同じように、リーダーという役割そのものに
恐怖感を持ってしまうのです。

ステップがあるのです。
スキーで言えば
ボーゲン、プルークボーゲン、パラレルターン、ウェーデルン
へとステップアップしていくのです。

そのステップをほとんどのリーダーシップ研修では教えてくれません。
また、それを実践することがないから、リーダーとしての心構えだけ
学んで終わりなのです。

具体的に何をすればいいのかが全く、分からないまま終わってしまうのです。
だから、リーダーが育たないのです。

しかし、実践会の「幹部スタッフ育成塾」は全く違います。

3回のコースを通して、リーダーとしてのステップを明確化して、それぞれ
の取組が宿題になり、それを参加者は一生懸命やるほど、リーダーとして
成長し、実際に医院が良くなっていくという循環がセミナー期間中に起きる
医院が多いのです。

これは本当に凄いことです。
あなたの医院でも、幹部を育てたい、幹部候補スタッフがいるのであれば、
恐らく、来年も開催すると思いますので幹部スタッフ育成塾への参加を
ご検討ください。

幹部スタッフ育成塾の開催レポートはこちら
第1回⇒ http://www.consuldent.jp/seminor/kanbu_ikusei_rep01.html
第2回⇒ http://www.consuldent.jp/seminor/kanbu_ikusei_rep02.html
第3回⇒ http://www.consuldent.jp/seminor/kanbu_ikusei_rep03.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事