マネジメント > スタッフ教育

幹部会を行う

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回はチーフスタッフを育成するための方法をお伝えいたしました。

今回はある程度、チーフスタッフが育っている
医院を対象にしたお話をさせていただきます。

それは幹部会を開催するというものです。

これにより、医院の安定感が更に増して行きます。

特にスタッフ数の多い医院にはオススメの方法ですので、
是非、実践してみてください。

———————————————————————-
1.なぜ、幹部が育たないのか?

前回の「チーフ育成」の中でもお伝えしましたが、
大半の医院では、院長の想いを伝えてくれるチーフがいません。

スタッフの言いたいことだけを院長に伝える
労働組合委員長がいるだけです。

なぜ、このような医院の幹部となるような
スタッフが育たないのでしょうか。

それは、院長の想い・考えをしっかりと理解していないからです。

では、なぜ、理解できないのでしょうか。

それは院長の想い・考えを理解してもらうような会話を
院長がスタッフとしていないからです。

院長の想い・考えをミーティングで伝えていくことはとても大切です。

しかし、それだけでは十分ではありません。

個別に近い形でしっかりと理解してもらうための
話し合いをすることが重要になるのです。

また、大半の医院の場合、チーフというスタッフ以外は
皆、横一線のスタッフとなってしまいます。

ですから、皆が責任感がなく、

「チーフの人に任せておけば良いや」

という感じで次のチーフが育っていないのです。

そうならないためにも、人事評価制度が重要になります。

人事評価制度の中でチーフの前ぐらいのランクにいる人には
チーフになる前からチーフとしての教育として、
院長が個別に近い形で院長の想い・考えを伝え、
理解してもらうための場が必要なのです。

それが幹部会なのです。

———————————————————————-
2.幹部会ではどのようなことをするのか?

幹部会は医院の中の最高意思決定機関にします。

幹部会で決まったことが一番、重要という位置づけにします。

そして、ミーティングは皆で意見を出し合ったり、検討するための場、
院長が全体に対して考えを伝えていく場にしていきます。

そして、決定事項を幹部会に参加したメンバーが
他のスタッフに伝えていくことが大切です。

どのようなプロセスで、どのような理由で
そのような決定がなされたのかを
スタッフに伝えて行きます。

ここが重要なのです。

大半の医院の場合、スタッフは

「なぜ、そのようになったのか?」
「それをやる意味は何か?」
「どうして、そんなことをやらないといけないのか?」

ということが全く分らないまま、

「院長が決めたから」

という理由でやらなければいけません。
やる理由が分からないのです。

だから、反発もするし、やる気もなくなるし、
定着しないのです。

幹部会に参加したメンバーがその意思決定プロセスに関わり、
そのプロセスをきちんとスタッフに伝えることによって、
スタッフの理解度は大きく変わってくるのです。

幹部会は意思決定をするだけの場ではなく、
先程も、申し上げたようにチーフ・チーフ候補のスタッフを
教育するための場でもあります。

院長が伝えたいこと、考えていることを
幹部会でしっかりと伝えることによって
理解度はかなり上がります。

また、院長が

「このように自分としては想っているから、
それをスタッフに伝えてほしい」

とお願いすれば、かなり正確に伝えてくれます。

また、このような場を持たなければ知ることが出来ない
スタッフの想っていること、
不平・不満・不安・疑問などを出してもらうことによって、
様々なトラブルを未然に防ぐことが出来るようになります。

幹部会のようなものがなければ、
院長の想い・考えがスタッフに伝わることもなかったですし、
スタッフの持っている不満も問題が表面化するまでは
院長に伝わることもありませんでした。

このように院長とスタッフの相互理解を深めるためにも、
幹部会は非常に有効な方法だと考えられます。

———————————————————————-
3.幹部会はスタッフの自覚・責任感を育てる

私は「責任と立場が人を作る」と考えています。

見込みのあるスタッフであれば、
責任と立場をしっかりと作れば、
その人の自覚と責任感を強くすることが出来るのです。

そして、その「責任」と「立場」として
ふさわしいのが幹部会なのです。

幹部会に参加するということは「幹部」なのです。

「私はこの医院の幹部なんだ」

というセルフイメージと

「私はこの医院の1スタッフに過ぎないから、
私が頑張っても仕方ない」

と思っているのでは大きな違いが出てきます。

「幹部」というセルフイメージによって、
その人の考え方と行動が大きく変わる可能性を秘めているのです。

チーフになる前から幹部会に出席し、
考え方と行動に変化が出てくれば、
そのスタッフがチーフとなることは難しくありません。

もしも、チーフスタッフに何かあったときには
安心してチーフを任せることが出来るのです。

———————————————————————-
4.幹部会をどのように運営したらいいのか?

幹部会は最低、月1回程度は開催されることをオススメします。

また、開催する日程を予め、
時間を取ることをオススメします。

半年以上先まで決めておくといいでしょう。

また、開催する時間帯は診療時間を削るのではなく、
これは診療時間外にされることをオススメします。

これは幹部に当る人であれば、受け入れてくれるはずです。

幹部会への参加者ですが、
先ずはチーフ、チーフ候補の人という感じで
構成するのが望ましいと思います。

勤務医の先生も自分のことばかりでなく、
医院のこともしっかりと考えてくれるようであれば
幹部会に参加してもらったほうが良いと思います。

参加人数は医院のスタッフ数の20%程度が望ましいかと思います。

幹部会が定着すると、医院の安定度はましますので、
是非、実践してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事