マネジメント > スタッフ教育

新たな分院展開の形

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、相談として増えてることがあります。
それは・・・

親族が歯科医院をやってるんだけど、親族の体調が思わしくない、もしくは、
既に亡くなってしまったので、その医院をやってほしいという話です。

このような話は家族、親族に歯科医院を経営されてる方がいる場合、実は、
かなり高い確率で起きえます。

このような場合に、一番、良くないのは院長が両方の医院に行くという
パターンです。

そうすると、単に院長の医業収入が分散するだけで、どっちつかずになり、
最終的に問題は2倍以上になり、労力は倍かかるんだけど、得るものは変わ
らないか減ってしまうということになりかねません。

そうならないためには、どうすればいいか?
答えは簡単です。

いつ、そのようになるかは分からないのですから、そうなってもいいように、
今から準備をしっかりしておくことです。

「じゃあ、どんな準備をすれば良いのか?」と思うかもしれません。
答えは簡単です。

自分が行かなくても、それらの医院を任せることが出来るだけの
・ドクター
・中心となるスタッフ(ベストはDH1名、DA1名)
を育てておくことです。

この育てる場合には、分院長1名、中心となるスタッフ1-2名が分院に
行っても大丈夫なように、本院にも、副院長1名、中心となるスタッフ1-2
名が別にいる状況でなければいけません。

そうでなければ、本院のバランスを崩して分院に行くということになるので、
本末転倒になってしまいます。

そのように人をしっかりと育成する力が医院にあれば、ただ同然で医院を
引継ぎ、その後も、経営が傾いた医院とは違うので、ベースとなる患者様
があっての継承なので、かなり安定的に医院を経営していける可能性が高
いのです。

そのようなチャンスはいつ、あなたの前に現れるか分かりません。
そうなった時に、そのチャンスをモノに出来るように、是非、今から準備
されることをオススメします。

そして、その準備をしてこなければ、たとえ、年間医業収入が5千万円の
医院を継承してくれないかという話であったとしても、結局、その医院を
廃院せざるを得なくなってしまうかもしれないのです。

もしくは、「そんなおいしい話をドブに捨てるのはもったいない」と欲に
目がくらんで、人もいないのに自分が無理して、2医院を診るようにすると
問題ばかりが増えて、収入は変わらないどころか下がったりするのです。

そして、最終的に無理がたたって身体を壊してしまったりするのです。
つまり、しっかりと人を採用し、育てることが出来るかどうかは長期的に
みると、物凄く大きな違いをもたらすのです。

是非、その違いに気づき、治療技術だけでなく、人を採用し、育てる技術
も磨かれることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事