マネジメント > スタッフ教育

セミナー参加カリキュラムを作る

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの医院には教育カリキュラムはありますか?
もし、ないのであれば、しっかり作成するようにしてください。

既に教育カリキュラムがある医院さんに是非、オススメしたいのが今回の
テーマである「セミナー参加カリキュラムの作成」です。

多くの医院が院内での教育を行っています。
しかし、院内での教育だけでは限界があるのは明らかです。
外部のセミナーを活用したほうが教育効果は上がります。

しかし、多くの医院さんの場合、セミナーに参加してもらうのがまちまち
なのです。あるスタッフはこれに参加したけど、他の人はしてないという
ものです。

すると、医院の中での共通認識、共通言語が形成されづらくなります。
参加しているセミナーがバラバラだと、同じ価値観を形成しづらくなります。

もちろん、人によって進みたい方向性も分かれてくるでしょうから、全部を
同じにしない方がいいと思います。

しかし、医院としてベースとなる考え方、やり方などに関しては共通のセミ
ナーに参加してもらったほうが共有されやすいことは確かなのです。

歯科衛生士1年目はこのセミナーに参加する
2年目はこれに参加する

受付スタッフであれば、入社3ヶ月でこのマナー研修に参加する

歯科医師であれば、1年目はこの技術系のセミナーに参加する

このようなものを作成してみてはいかがでしょうか。
何もなく、行き当たりばったりでセミナーに参加してもらうと他にも、デメ
リットがあります。

院長が行ってほしいセミナーの案内を消毒室に貼っておいても、誰も参加した
いと言ってくれなくなってしまうのです。

なぜなら、セミナーに行く習慣がないし、行きたい人が行くもの、やる気の
ある人だけが参加するという認識になってしまうからです。

そうではなく、医院の中で、1年目はこのセミナー、2年目はこのセミナーと
決まってれば、それに参加するのが当たり前。セミナーに参加するのが当たり
前になっていくのです。

そして、共通のセミナーに参加するからこそ、先輩と後輩の共通体験ができ、
共通認識・共通言語が形成されるのです。

そして、先輩から後輩にセミナー参加の際の注意点やコツなどを教えていく
という流れもできるのです。

弊社クライアントの医院さんでは、技術系のセミナーだけでなく、あり方・考
え方についても、セミナー参加カリキュラムを作っています。

やはり、技術だけでなく、あり方・考え方、幹部としての教育、経営セミナー
などもセミナー参加カリキュラムに組み込むことをオススメします。

そして、誰がどんなセミナーに参加するのか?
セミナー開催直前ではなく、年間計画として立てることが重要なのです。

あなたの医院では、来年、誰がどのセミナーに参加するか、決まってますか?
このようなことが早く決まってるほど、スタッフも心の準備ができます。

そして、こういうことが早く決まってる医院ほど、伸びる医院なのです。
なぜなら、目の前のことではなく、10月の段階で来年の計画を立て、動き
だしてるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事