マネジメント > スタッフ教育

スタッフの不満はパンドラの箱なのか?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実際にあったお話。
あるクライアントでスタッフにヒアリングすると、スタッフからの不満が続々
と出てきたのです。スタッフにも問題がないわけではありません。

しかし、医院の方で改善できる労働条件的な問題も多々ありました。
それを院長に伝えると改善しようとはするものの、結局、何も変わりません。

再度、ヒアリングすると、スタッフからは「何も変わってない!」「もう、
本当に辞めたい!」という声が多数、聞かれました。

このような声を院長に伝えると院長はキレてしまい、
「辞めたいやつは辞めればいい!」となってしまったのです。

院長からすれば、今まで、スタッフの話など、聞かずに黙々と仕事をさせて
おいたほうが良かったのです。

院長からすれば、コンサルタントが面談をしたことによって、パンドラの箱を
開けてしまったのです。

果たして、本当にそうなのでしょうか?

スタッフが言ってることは、ある意味ではもっともなことが非常に多かった
ですし、実践会が提案してる取組みをすれば、そのほとんどが解決可能でし
た。

しかし、院長はそのような取り組みをすることもせず、何も変えることなく、
スタッフを取り替えようとしたのです。

このような先生こそ、『売上目標は立てるな!』を読んでほしいです。
そう思って、書き上げたのです。

しかし、このような先生はなぜ、もっとスタッフの話を聞こうとしないので
しょうか?このようなスタッフの不満が募ったのも、スタッフの話を聞いて
こなかったからです。

どうして、解決策をスタッフの意見も聞きながら、考えなかったのでしょう?
こういう先生に限って、経営者の仕事、マネジメントというのを勘違いしてい
ます。

あなたはマネジメントの基本であるスタッフへの面談、やってますか?
もし、やってなければ、あなたの医院にもパンドラの箱が知らないところで
大きくなってる可能性があります。

もし、パンドラの箱があったとしたら、それは開けた人が悪いのか?
パンドラの箱があること自体が問題なのか?

私は組織であれば、問題や不満があるのが当たり前。
それを強引に箱の中に押し込めるのではなく、頻繁に中身を確認し、パンドラ
の箱が大きくならないようにしていくことこそが一番、大事だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事