マネジメント > スタッフ教育

社員旅行に行ってきました!

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も、うちの会社のスタッフ全員で社員旅行に行ってきました!

今年はもう一度、チームビルディングを学び、強固なチームにしようという
ことで、2回目のプロジェクトアドベンチャーに行ってきました!

プロジェクトアドベンチャーとは・・・
様々な課題をチームが協力しながら、乗り越え、達成していくというチーム
ビルディング研修です。

今回、お世話になったのは株式会社 足柄グリーンサービスさんです。
⇒ http://www.paa21.co.jp/

今回、私には大きな課題がありました。
それは「口出ししない」ということです。

うちの会社は人材教育の会社ですから、自社の社員教育にもお金をかけます。
この社員旅行にも、60万円以上のお金がかかっています。

それだけのお金をかけるのであれば、私としては成果を最大化したいと思う
のです。しかし、スタッフが私と同じように思ってるかというと、そうでは
ありません。

前回のプロジェクトアドベンチャーでは私が中心となり、この研修を実施する
ことや、先方とのやりとり、またプロジェクトアドベンチャーの中でも、どの
ようにして課題を達成するかも私が先頭に立って行いました。

しかし、会社も成長し、もはや、そのようなやり方では成長に限界があると
私は思っていたのです。

そこで、今回は「お金は出すけど、口は出さない」というテーマで、研修旅行
の企画から、先方とのやりとり、そして、プロジェクトアドベンチャー中も、
ほとんど口出ししないようにしたのです。

負けず嫌いの私としては、自分のチームが課題を達成できないことや、もっと
こうした方がいいのに!ということにもどかしい気持ちでいっぱいでした。

しかし、ここで口出ししたら、意味がないとガマンしました。
そのために、常にマスクと帽子を装着していたぐらいです。

ガマンするのは大変なところもありましたが、結果として、とても良かった
と思っています。なぜかというと、それが担当したスタッフそれぞれに自覚
と経験を与えたからです。

また、プロジェクトアドベンチャーの中でも、リーダーの必要性や、リーダー
シップを発揮する経験を積むことが出来たことも大きいと思います。

この投資が将来的に、大きなリターンとなって返ってくるのではと今から、
楽しみにしています。

あなたはスタッフにどのようにして経験を積ませていますか?
このように社内的なイベントなどは経験を積ませる絶好の機会です。

もちろん、最初から丸投げはダメです。
最初のうちは、きちんと経営者やリーダーが見本を示して、ある程度、形を
作ることは大事です。

しかし、その後は、失敗してもいいから任せてみる、やらせてみるということ
も大事なのではないでしょうか。患者様に迷惑がかかるような失敗はさせるこ
とができません。

しかし、社内的な患者様に迷惑がかからないような失敗経験、そして、そこか
ら生まれる成功体験は是非、積ませてあげると良いと思います。

ただし、失敗体験も、何もセーフティネットがない状態でさせてしまうと、
これは単に大怪我をするだけで、立ち直ることが出来ません。

経営者側がたとえ、失敗しても、怪我をしないように、すぐにリカバリーで
きるように体制を整えてあげることが重要です。

そのようにして、失敗できるチャンスを与えてあげることも重要なことだと
今回の社員旅行を通しても、学ぶことが出来ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事