マネジメント > スタッフ教育

電車の中で、不平不満愚痴文句は絶対にダメ!

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、日曜日の夜11時ぐらいに東横線に乗っていたら、近くにいる乗客から
こんな話が聞こえてきました。

「まったく、あいつら、どうしようもねーんだよ!」

日曜日に飲み会でも、あったんでしょうね。
その男性は酔っ払ってる感じでした。30歳ぐらいでしょうか。
何か、嫌なことがあったのかもしれません。

そして、その男性は続けます。

「全く、あいつら、何にも分かってないのに、うるせーんだよ!」

確かに、そういう何も分かってないのに、色々、言ってくる人、います。
しかし、ここからが問題です。

「あいつら、何にも勉強してないくせにさー!まだ、衛生士さんに言われるん
だったら、分かる!でも、助手は何にも勉強してないのに、治療について言
われたりとかすると、ムカツクんだよね!」

彼は歯科医師だったんですね。きっと、勤務先の医院で助手さんから色々、
言われて嫌な思いをしていたんですね。

確かに、そういうことはあるかもしれません。
しかし、その会話はその車両にいる人、全員が聞いてるわけです。

もし、そこに、その医院の患者様が乗っていたら、どうなっていたでしょう?
その医院に対する信頼を大きく損ねることになります。
もしかしたら、口コミサイトに書かれてしまうかもしれません。

多くの人が聞いている公の場で、そのような院内や患者様に対する不平不満
愚痴文句を言うことは非常に大きなリスクを伴うということを院長先生は
スタッフ、勤務医の先生にしっかり伝えるべきだと思います。

この時も、恐らく、院長らしき人が側にいました。
しかし、この勤務医の先生を制止することはありませんでした。

こういうことをしっかり統制できるかどうかが組織として、まとまっていける
かどうかを大きく左右するのです。

あなたの医院のスタッフ、勤務医の先生は飲食店や電車の中などの公の場で
言ってはいけないことが何かをしっかり、理解していますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事