マーケティング > ホームページ

症例集をMTで作ろう!

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その医院のホームページが成果が出るかどうかに、症例集は大きな影響を
与えます。特に、自費治療を増やそうと思ったら、症例集は重要です。

しかし、多くの医院には症例集のページがないか、あってもあまり更新
されていません。

これはとっても、もったいないことです。
その治療に興味を持つ患者様は症例を必ず見ます。

しかも、本当は日々、医院の中で症例は増えてるはずなのです。
しかし、更新ができてないだけなのです。

以前からお伝えしていますが、今は検索エンジンはページが追加されて
ないホームページは「やる気のないホームページ」とみなして、順位が
だんだん下がっていってしまいます。

目安としては「1ヵ月にA4 1ページのコンテンツを追加する」ことを
してほしいのです。

しかし、毎月、歯科治療、歯に関する情報を書き続けるのは負担に感じる
先生も多いと思います。

それであれば、皆さんが日々、頑張って診療する中で創り上げた症例を
ホームページに着実に、月に1例ずつアップして行けばいいのではない
でしょうか。

ただ、そうすると歯科のことが良く分からない業者さんに口腔内写真を
送って、説明して、感想文を郵送してと、手間がかかります。

手間がかかると面倒くさくなって、やらなくなってしまいます。
ですので、他のページは業者さんに更新を願いして、症例集だけは自分で
更新できるようにすればいいのです。

実際、私のクライアントでも、そのようにしてもらっている医院さんが
あります。インプラントの症例をガンガンアップしてくれています。

そうすると、「インプラント ●●市」のような大きなキーワードでは
上位表示はできてませんが、「●●市 インプラント サイナスリフト」
というような細かいキーワードでその症例ページが上位表示するのです。

これからは大きなキーワードだけではなく、細かいキーワードで上位表示を
狙っていくことも重要ですので、このような症例集が重要になります。

当然、症例をアップすればするほど、ページが追加されて、検索順位も
上がりやすくなります。

このような地道な努力をできない先生は1キーワード毎月3万円ぐらいの
SEO対策費用を払い続けないといけないのです。

このようなSEO対策だけに頼るとお金がかかり続けますし、お金を払って
るキーワード以外では全く表示されないという問題も起きます。

このように自分で症例集を更新できるようにするには、症例集のページだけ
ブログを組み込めばいいのです。

そのブログはライブドアブログとかアメブロではなく
「MT(ムーバブルタイプ)」もしくは「WP(ワードプレス)」を活用
すると良いと思います。

業者さんに依頼すれば、数万円でやってくれると思いますので、是非、MT
で症例集を作成することをオススメします(WPでもOKです)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事