マーケティング > ホームページ

ホームページをリニューアルする

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんにはアドワーズに登録をされましたか?

手間がかかりますが、しっかりやれば成果が出ることですので、ぜひ、
やってみてくださいね。

今回は「ホームページをリニューアルする」ことについてお伝えします。

最近、「ホームページをリニューアルする」医院さんが増えてきました。
なぜでしょうか?

この頃は多くの歯科医院がホームページを制作するようになりました。
しかし、その多くが成果の出ないホームページを制作しています。

そして、その成果の出ないホームページではいよいよダメだということを
認識し出した先生が多いようです。

以前であればホームページを作りさえすれば成果が出ました。

今はSEOも劇的に変わり、内容もきちんとしたホームページを
制作しないと成果が出ないようになってきました。

それだけ、今と5年前とではインターネットのルールが激変して
いるということです。

特に多いのが、「5年前にリース契約でホームページを作った」という
医院さんです。

やっとリース契約が切れるので、新たにホームページをリニューアルしたい
という依頼が多いです。

しかし、年数が経っているからと言って、ホームページをリニューアルした
方がいいかというと、必ずしも、そうではありません。

ホームページをリニューアルした方がいいかどうかは「成果が出ているか」
で判断するべきです。

では、どれくらいの成果が出ていればリニューアルする必要がないので
しょうか?

私のクライアントの基準で考えれば「月10人の新患」がそのホームページ
から来ていれば十分、成果が出ていると考えて良いのではないでしょうか?

しかし、そこまでの成果が出ていない場合にはホームページのリニューアル
も検討した方が良いのではないでしょうか?

その場合、以下のポイントに注意して、ホームページのリニューアルをされる
ことをオススメします。

1.制作会社を変更する

これまで成果が出ていなかったわけですから、他の制作会社に依頼されるのが
よろしいかと思います。

じゃあ、どこに頼んだらいいの?

ということですが、実際にこれまで歯科医院のホームページを制作した実績が
多数、あり、成果を実際に出している会社に依頼するのがよろしいかと思います。

2.デザインを変更する

これまで成果が出ていなかったわけですから、そのままのデザインにするので
はなく、新たにデザインを作り変えた方がいいのは当然かと思います。

実際にコンサルティングをしている際によく感じることですが、ホームページを
制作する側と依頼する側には大きな認識の違いがあるということです。

例えば、成果はすでに出ているけど、デザインを変えたいということで、中身は
全く同じでホームページのデザインだけを作り変える場合があります。

この場合、単純にデザインだけキレイにするんだから、大してお金はかからない
だろうと思います。

しかし、実際には制作する側にしてみると、新たに作り直すのとほとんど
変わらないらしいのです。

ですから、ホームページをリニューアルする場合には、ほとんどの場合、新規の
制作と同じぐらいの費用がかかるということを認識したうえで、やられることを
オススメします。

3.コンテンツを変更する

ホームページのコンテンツ、つまり文章も新たに作り直した方がいいです。

多くの成果の出ないホームページは治療内容についても、医院の治療方針に
ついても、全て文章が短いのです。

文章が短いということは見た目はすっきりしてるように感じるかもしれません。
しかし、それは実際の診療でいえば、患者さんに対して単に言葉が足りない、
説明が足りないのと同じなのです。

普段、先生は患者様に対して本当はしっかり説明したいけど、なかなか時間が
なくて説明しきれてないのではないでしょうか?

本当は診療でも色々とこだわってるけど、なかなか、そのこだわりを診療中
には伝えきれてないのではないでしょうか?

上記のようなポイントを満たす制作会社はなかなか見つからないかもしれません。
なぜなら、上記のポイントを満たす制作会社を私もこれまでクライアントのため
に探してきて、見つからなかったからです。

そこで、歯科医院地域一番実践会ではホームページ制作を2007年から
開始しました。

歯科医院地域一番実践会ホームページ制作の詳細・お申込は
⇒ http://www.consuldent-hp.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事