マーケティング > ホームページ

歯科医院におけるMEOのこれからを考える

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2017.12.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、「●●市 歯科」「●●駅 歯医者」などの地域名+歯科のキーワードで検索すると、YahooもGoogleも検索結果の前に地図が表示されます。

そして、この地図上に3件ぐらいの歯科医院の情報が表示されています。
これはスマホであっても同じです。

ということは歯科業界にっては、純粋な検索結果も大事ですが、それと同等かそれ以上に地図上での上位表示が重要になってきています。

この地図上での上位表示をMEO(Map Engine Optimization)と言います。

特に、GoogleMapでの上位表示を指します。
地図上での上位表示は様々な要因によって決まりますが、実は、この地図上での上位表示についても、決定要因がコロコロ変わっています。

つまり、MEOもSEOのように基準がどんどん変わって行き、難しくなっていってるということなのです。

今はまだやるべきことをやれば、地図上位表示は可能です。
しかし、検索された場所から遠いと表示されずらいです。

そして、このことは今後も変わらないと思います。
地域名であれば、その地域の中心部。
駅名であれば、駅の近く。

でないと地図上位表示は難しい。
検索された場所から離れていれば、その地域名・駅名での検索結果の地図上位表示はできないと思われます。

そして、今はまだ違いますが、今後のMEOを予想したいと思います。
MEOは次第にSEOと同じような決定要因に変わってきています。

Googleマイビジネスについて2015年6月の本メルマガで解説しましたが、地図上位表示においては欠かせませんので、しっかり登録するようにしてください。

無料で登録可能ですので。
そして、Googleマイビジネスに登録すると、現時点でも以下の情報が毎月、メールに送られてきます。

これは歯科医院地域一番実践会のGoogleマイビジネスから送られてきた情報です。

(ここから)
2,639 人が Google でお客様のビジネスを見つけました
4 人が 経路を調べました
58 人が ウェブサイトにアクセスしました
2 人が 電話しました
(ここまで)

既にGoogleはこのような情報を収集、蓄積しています。
これをMEOに反映させないはずがありません。

これらの数値が高い、より詳細なアクションを起こす確率が高い医院がこれから1年以内ぐらいにMEOを実現している可能性が高いと私は予見しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事