マーケティング > 院外マーケティング

歯科医院の外観、家に見えない!?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2018.2.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ある医院さんが有料経営相談にお越しになられました。
1Fが医院、2Fが住宅で合計75坪ぐらい。
見積価格は1億1千万。

うーん。高い。

でも、プランの内容によってはありえる話です。
しかし、図面を見た時から私は顔面蒼白。

ヒ・ド・イ

だって、1Fが32坪ぐらいあるのに、ユニットが4台しかない。
元々、その医院さんは近くでお父さんから継承した医院を開業していて移転なのです。

継承した医院のユニット台数は3台。
1台しか増えない移転に1億1千万円って、ないでしょ。
もちろん、土地代は別途、かかってます。

スタッフルームがあったので、そこに配管したとしてもMAX5台。
少なすぎる。

そのプランに先生は
「どうも、受付周辺と導線が納得できないので見てほしい」と。

いや、もうそんな次元の話じゃないですよと。
もちろん、全面的に図面を書きなおしました。
しかも、建ぺい率まで私の方で計算して、壁の厚みまで含めて引きましたよ。

MAX8台、しかも、更にユニットを増やしたい時には2Fにまで拡張できるプラン。
最高15台ぐらいまで入れられるプラン。

当初の3倍までの拡張性。

今回のプランは大手ハウスメーカーが作ったものでした。
大手ハウスメーカのプランはほとんどが悲しいぐらいヒドイ。
家を建てるのが専門なので、どうしても外観が家に見える。

今回の1億1千万ものお金をかけて作るプランも明らかに外観が家。

大手ハウスメーカーの担当者にも言いました。

「この外観はゼロ点です」

よくこの外観で1億1千万もの見積もりを何の恥ずかしげもなく出せるなと。
あまりにもヒドイ。
こんなヒドイプランが今でも、全国の新規開業、移転で行われてるかと思うと、本当に恐ろしいです。

大手ハウスメーカーで歯科医院を建築するのは本当に止めたほうが良い。
大手ハウスメーカーが建てた医院で、これは凄いというのは見たことがない。

しかも、この1億1千万のプランで内装について話した時に、

岩渕「ちなみに、待合室の床材とかは決まってるんですか?」

設計士「ビニールシートとかを考えてます」

岩渕「えっ!?(絶句)」

ビニールシートというのは床材の中でも一番安くてしょぼい材料です。
こんなもの使ってるのは何十年も前に建てられた歯科医院だけかと思ってたら大手ハウスメーカーは未だにこんなものを堂々と使ってるんですね。

しかも、1億1千万のプランで。
本当に驚愕しました。

こんなプランで歯科医院を建てたら、患者さんが来なくて大変なことになります。
今回の先生は契約直前だったんで、何とか救済することができましたが、契約したらもはや、救いようがありません。

しかも、契約直前だった理由がまた凄い。

「1月末が決算なので、1月末までに契約してほしい」

歯科医院と全く関係ない!

これから開業、移転、拡張、改装を考えてる先生は本当に気を付けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事