マネジメント > スタッフ教育

リスペクトされるべき存在となれてるかどうか?

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マネジメント

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、日本初!夫婦で経営を共に学ぶ3回シリーズの実践型セミナー
「夫婦成功実践塾」の第2回が開催されました。

第2回は3回の中で唯一、ゲスト講師をお招きする回で、
クリエイティブディレクター佐藤可士和さんの妻であり、
株式会社サムライ マネージャーとして活躍する佐藤悦子さんでした。

多くの方は佐藤可士和さんの活躍はご存知のことと思います。
・ユニクロ
・セブンイレブン
・楽天
などのブランドデザインを手がけられました。

佐藤可士和さんはこれまで、多くのメディアに取り上げられてますが、
実は、佐藤可士和さんのプロデュースを担当されてるのが妻でもある
佐藤悦子さんなのです。

もし、佐藤悦子さんがいらっしゃらなかったら、あれだけ世に出ることも
なかったでしょうし、あれだけの企業のブランドデザインを手がけることも
なかったのではないかと思います。

それぐらい、影で佐藤可士和さんを支えているのです。
つまり、佐藤可士和さんが本来、持っている力を存分に発揮できる環境づくり
をされてるのです。

そんな佐藤悦子さんに経営者の妻として、どうあるべきなのか?
をご講演いただきました。

多くの素晴らしいメッセージがありましたが、その中でも、佐藤悦子さんが
おっしゃったのが

リスペクトされるべき存在となれてるのか

ということでした。
単に「経営者の妻」というだけではいうことを聞いてくれない。

何のスペシャリストして、そこにいるのか?
どういう存在として、そこにいるのか?

を示せる存在でなければ誰も言うことを聞いてくれないということです。

やはり、単に一緒に仕事をしていますというだけでなく、
夫婦成功ステージ1「夫婦で一緒に仕事する」という段階から先に進むため
には、妻が全力で仕事をしてリスペクトされるべき存在となることが重要
なのです。

それをせずに、好きなときに来て、好きなことを言って帰る。
これでは誰も言うことを聞いてくれないし、夫婦経営とは呼べないのです。

是非、夫婦経営の正しいやり方と考え方を佐藤悦子さんからも学んでみて
はいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事

新着