マーケティング > 患者様満足度アップ

名刺のフル活用

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今月は、名刺をフルに活用することで、患者様に来院していただく
手法をお伝えします。名刺を作る際に、考えなければいけないこと
は、自己満足の名刺を作るのではなく、患者様の立場に立った名刺
を作るということです。患者様の立場に立った名刺とは、来院した
ことがない人が見ても、どんな歯科医院であるかイメージすること
ができ、予約を入れやすく、来院しやすい名刺ということです。つ
まり、次の要素を持つ名刺です。

●院長がどのような人であるかが分かる、伝わる
●診療時間・休診日が記載されている(これを記載していない名
刺が多い)
●電話番号が大きく書かれている
●裏面には地図が描かれている(地図がない医院が多い)

名刺は、既存の患者様が知人の方に「ここの歯医者に今行ってるん
だ、行ってみたら」と言って頂けることを前提に作っております。
ですから、この中で最も重要なポイントは、院長がどのような人で
あるか分かるということです。なぜなら、普通の人にとって、歯医
者さんというのは、無愛想で怖いというイメージです。また、歯医
者さんは行ってみて、診察されるまでどんな人に治療してもらうか
わからないのです。それでは、あけてみるまで中身がわからない福
袋と同じです。

私がお手伝いする医院の名刺には、院長先生のイラストを入れてい
ます。イラストはプロのイラストレーターに安価(1~3万円程度)
でお願いしています。このイラストが他の医院と差別化する最も大
きな要素となります。普通の歯科医院の名刺で院長のイラストが入
っている名刺はありませんから。

筆者自身の名刺。このようなイラストを入れることで、受け手にこ
ちらの人物像を印象づけることができると考える。

イラストを入れて、差別化することができたら、後は必要な情報を
美しいレイアウトで配置することです。ポイントは、空白部分を少
なくすることです。レイアウトのポイントは、次の2つです。

1.名刺は縦でなく、横で作る
2.色を1色ではなく、2色にする

次は、名刺の活用方法です。いかに素晴らしい名刺を作っても置い
ておくだけで、誰も見てくれなければ、全く意味がありません。次
のことをしてください。

●作った名刺を受付に置く
●名刺を置くときは、患者様から見えやすいように、斜めに
45℃の角度に立てて置く
●新規の患者様が来院した時は、院長が名刺を直にお渡しする
●既存の患者様に「新しい医院カード作ったんです」と言って、
受付でお渡しする

この活用法を徹底すれば、必ず効果が出ます。効果とは、新規の患
者様が来るということです。「来る」といっても、それは、費用を
かけた分だけは、来るということです。

————————————————————

今月は、名刺の徹底活用についてお伝えしました。

患者様が目に触れるもの、直に触れるもの、使用するもの、は徹底
的にこだわることが経営活性化の第一歩です。なぜなら、少ない投
資で大きな効果が得られるからです。是非、皆様も実践して見てく
ださい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事

新着