マーケティング > ホームページ

セミナー参加レポート

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある私のクライアントで、院長ブログに歯科治療技術系セミナーに参加した
レポートをアップしてもらうようにしています。

それを始めてから、半年後ぐらいに、ある患者様が来院されました。

その患者様は全顎的な治療が必要で、かなり困っていました。
今までの歯科医院ではいくら通っても治らないということで、お子さんが
どこの歯科医院が良いかを探して来院されたのです。

そして、クライアントの医院に決めた理由が「院長が勉強してるから」という
ことでした。

院長ブログに最低、月に1回は歯科治療技術系のセミナーに参加している様子
が載っているからです。実際に、その先生はしっかり勉強されています。

多くの院長ブログは日々の生活の中で感じたことが中心です。
確かに、何もないよりも、絶対にあったほうがプラスです。

しかし、そのようなブログは8年前であれば、少なかったので効果がありまし
たが、今ではフェイスブックにその役割は取って代わられてます。

それであれば、ブログに何を載せるべきか?

今こそ、先生が日々、いかに治療技術向上のために勉強し、研鑽しているのか
をブログでガンガンアピールしてみてはどうでしょうか?

・●●という治療技術系のセミナーに参加した
・●●という歯科学会に参加した
・●●という歯科雑誌に症例が掲載された
・●●というスタディーグループでケースプレゼンテーションを行った
・●●という歯科学会で認定医を取得した

などなど、このようなことはしっかりと技術の研鑽に取り組んでないと載せる
ことができない情報です。

これからはいかに、自分の医院の技術レベルが高いか、つまり、安心かを競う
時代へと入ってきます。

あなたが日々、取組んでることを是非、ブログで紹介するようにしてください。
それが患者様にとっては安心感となり、「あそこの先生は凄い勉強してるよ」
という口コミとなるのです。

そもそも、あなたの医院は患者様が他の患者様にあなたの医院のことを説明
する時に「あそこの医院は●●だよ」という●●に何を入れてほしいと思って
いますか?

それを意識して、医院作り、情報発信をしていくことが大事なのではないで
しょうか?

私もインソールを作成した時に、そこの地図が余りにも分かりづらく、相当、
第一印象は悪く、内装も小汚い感じで印象が良くなかったのですが、入ると
超有名アスリートがそこに訪れ、一緒に写ってる写真を見て一気に安心しま
した。

技術の証明

これをいかにするかが大事なのです。
それをこれから院長ブログを通して、情報発信してみてはいかがでしょうか。

また、その情報発信の一つとして、歯科治療技術系セミナーに参加したレポー
トをオススメします。

その際の注意点は以下のようになります。

・500文字以上、書く
内容が500文字はないと、Googleから意味のあるコンテンツとしてみ
なされづらくなります。

しっかりとどんな内容のセミナーだったのか、それによって、実際の診療に
どのように役立てられるのか、患者様のメリットは何かということを書くよ
うにしてみてください。

・写真を載せる
講師との写真、セミナー風景、実習風景など、写真を入れたほうが明らかに
説得力が増します。

・ディプロマを載せる
多くの先生がたくさんのディプロマを持っています。

しかし、行かないとそのディプロマが見れないより、行く前に院長ブログに
「●●の学会で認定書をもらいました」と写真と共に紹介されてるほうが
良いのではないでしょうか。

また、それらの資格は院長紹介にも記載しますが、院長ブログでもどんどん
紹介していくほうが安心感につながるはずです。

書くことは自分自身の考えてることをまとめることです。
また、自分の考えを深めることにもつながります。

書くことが出来るようになると、口頭で伝える力も上がります。
最近はブログを止めて、フェイスブックに移行している先生が多いように
思いますが、是非、ブログの価値を見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事

新着