マーケティング > 院内マーケティング

ヴォーノおじさん

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私の家の近くのショッピングセンターに行くと、ナッツを揚げたお菓子を
売っている売店があります。

その売店には私と妻の泉が「ヴォーノおじさん」と呼んでるおじさん?
お兄さんがいます。

そのお兄さんは明らかに南米っぽい顔
売ってるお菓子も南米っぽいのに

ひたすら「ヴォーノ!ヴォーノ!ん~~、ヴォーノ!」と
人の顔を見ると笑顔でヴォーノと叫びながら、近寄ってきて、ナッツを
1個食べされてくれるのです。

すると買ってしまうのです。
冷静になれば、「ヴォーノはイタリア語だろ!」と突っ込めるのですが、
ヴォーノおじさんが笑顔で叫びながら近寄ってくると受け入れてしまうの
です。

ヴォーノおじさん、恐るべしです。
しかし、ヴォーノおじさん、土日はいるのですが、平日はお店にいません。

すると、日本人の普通のお兄さんが何も言わずに、お店にいるだけなのです。
お店は全然、売れてません。商品は全く同じ、全く同じ味なのに。

ヴォーノおじさんはなぜ、売れるのでしょうか?
日本語はほとんどしゃべれないのに。

理由はいろいろ、ありますが、ヴォーノおじさんは「価値を伝えている」
ことが大きいと思います。

何も言わずに、突っ立ってるだけでは価値は伝わらないのです。
よっぽど、有名な商品、たとえば、i-Phoneとかであれば、立ってるだけ
でも、人が寄ってきます。

しかし、食べたこともないナッツを揚げただけのお菓子。
こんなもの、価値が分かりません。

食べてみないことには分かりません。
だから、先ずは食べさせる必要があるのです。
しかし、色々、言う必要はないのです。

とにかく、笑顔で道行く人にひたすら「ヴォーノ!」と叫んで、食べさせる。
これだけで売れてしまうのです。

一番、大事なのは価値を感じさせること。
そのためには、単純で、ちょっと恥ずかしい方法でも、ひたすらに笑顔で
やる方が成果が出るのです。

いくら見た目がカッコイイお兄さんでも、ぼーっと突っ立ってるだけでは、
商品の良さは何も伝わらないのです。

つまり、あなたの医院の治療の良さもスタッフがいくらかわいくても、
突っ立ってるだけでは伝わらないのです。

ただひたすらに、治療の良さを伝え、補綴メニューを笑顔で渡し続ける
だけでもヴォーノおじさんのように圧倒的な成果が出るのではないで
しょうか。

あなたの医院にヴォーノおじさんはいますか?
もし、あなたの医院にヴォーノおじさんがいないなら、育成しましょう!
⇒ http://www.consuldent.jp/seminor/tcikusei.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事

新着