マーケティング > 院内マーケティング

医院紹介スライドを作成する

マーケティングのテーマ別に表示
マネジメントのテーマ別に表示

マーケティング

2016.7.21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新規で来院された患者様は初診の段階で、第一印象が決まります。
そして、その第一印象はほとんど変わらないのです。

それは、あなたがどこかレストランに行くとき、美容院に行くときにも、
最初に行った時の印象が強く、それが変わることはなかなか、ないのと同じ
です。

では、歯科医院で新規の患者様が来院されたとき、どれだけ医院のことを
理解して帰ることが出来るでしょうか?

受付⇒待合室⇒チェア⇒レントゲン室⇒チェア⇒待合室⇒受付

で終わりです。

これでは、医院全体のごく一部の設備しか体験してないことになります。
例えば・・・

・CT
・セレック
・マイクロスコープ
・Er:YAGレーザー
・ペリオセーバー
・ダイアグノデント
・OPE室
・メンテナンスルーム
・カウンセリングルーム

等のような医院のこだわりとして、大金を投じて設備投資したモノも大半の
新患には存在さえ、知らされずに第一印象が固まってしまうのです。

もったいないと思いませんか?
もちろん、そのようなことを回避するために、医院パンフレットを作ることは
必須です。
———————————————————————-
医院パンフレット作成コンサルティングの詳細はこちら
⇒ http://www.consuldent.jp/consulting/pamphlet.html
———————————————————————-

しかし、それだけでなく、もっと院内でアピールする方法はないでしょうか?
それが「医院紹介スライドを作成する」ことです。

その詳細は簡単です。
医院の紹介スライドをパワーポイントで作成するだけです。

医院紹介には、以下のようなコンテンツをそれぞれ、1枚は作るようにして
みてください。

・院長紹介(学歴だけでなく、学術的な取組、専門分野も)
・勤務医紹介
・設備紹介
⇒20万以上の設備は1設備1枚のスライドで、写真入りで紹介
⇒なぜ、その設備を入れたのか、そのこだわり、効果を紹介

これらのスライドを作るのが院長では難しい場合があると思います。
そのような場合は外部のパソコンが得意な方などに依頼するといいかと
思います。

次に大切になるのが、その使い方です。
簡単にできて、かつ効果が高い使い方を2つご紹介します。

1つ目は、初診カウンセリングで新患に医院紹介スライドを使って、医院の
紹介をすることです。これが一番、効果的です。

初診カウンセリングで患者様の話を聞くことは大切です。
しかし、それだけでなく、医院の紹介もスライドを使って行うのです。

それによって、正しく医院を理解してもらったうえで、第一印象が形成され
ます。そうすれば、いい医院であればあるほど、口コミも発生しやすくなる
のです。

医院紹介スライドの活用方法、2番目はチェアサイドのモニターで流すこと
です。パワーポイントをJPEG化して、それを各パソコンにスクリーン
セーバーとして設定するのです。

そうすれば、チェアサイドのモニターで環境映像を流すよりも、医院への理解
を新患だけでなく、全ての患者様に深めてもらうことが出来るのです。

そして、医院紹介スライドの作成が終わったら、症例写真や自費治療の紹介
なども追加していけば、チェアサイドのモニターで患者様への啓蒙活動を行う
ことができるようになるのです。

是非、医院紹介スライドを作成し、活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

申込受付中セミナー

関連記事

新着